お金のかからないレジャーを楽しもう

これからの季節は出かけることも多くなる季節でもあるのですが、お金をかけなくてもレジャーを楽しむということをしてみるのもいいかなと思います。

お昼ご飯は手作りのお弁当を持参して、お花見を楽しむということだけでも十分楽しむということもできますし、カメラがあるという人はここでお小遣い稼ぎで桜の花を撮影して販売するという人もいます。

更にサイクリングを楽しむとという人もいますし、お金をかけずにレジャーを楽しむということを普段からやっている人はいかにお金をかけずに楽しむことができるかということを常に考えているのかなと思います。

もちろんそれにかかる必要なものもありますが、それを調達する方法も徹底的にお金をかけないということをしている人もいます。

必要なときに借りるという方法や買い物をするときも現金ではなくキャッシュレス決済を活用するという人がいて、お金をかけずにレジャーを楽しんでお小遣い稼ぎをするというツワモノもいます。(クラウドソーシングでもそういう仕事があって記事にするということできるので)

レジャーを楽しむ余裕がないという人はお小遣いを稼ぎながら、いかにお金をかけずにレジャーを楽しむということ体験できればいいなと思います。

食べに行くときは食べてから行く

よく外食される人にとっては、それこそが非日常感があって、娯楽の一つとしての楽しみを持ち合わせているイベントであることは言うまでもないでしょうが、私にとっては、一つの苦行にほかなりません。なぜなら、外で食事をするということは、自炊するよりも割高になってしまうだけでなく、お酒などを嗜むこともあるので、どうしてもお会計が高額となってしまいコストパフォマンスが悪くなってしまうことが挙げられるからです。

そんなとき、私は裏ワザとして、食べすぎてお会計を気にすることがないように、あらかじめ家を出る前に事前に食事をしてから行くようにしています。ほかにも、常にカバンのなかに食べ物を忍ばせておいて、満たされなかったときには、そういった食べ物を食べながら帰るようにしています。

そうすることで、食べ過ぎを防止することができるようにもなりましたし、やっぱり支払いのとき、安心できるようになったのでとてもおすすめです。

ちょっと恥ずかしいし、情けないし、外食を心ゆくまで楽しむことはできないかもしれませんが、できれば、そういった外食を1回でも多くできることであったり、続けられる方が私にとってはメリットであると思っています。