安くて良いものを探すプロになる

今年から専業主婦になり、節約を余儀なくされている者です。それまでも高い給与が貰えていたわけではなく、月々こつこつと貯金するために自分では節約しているつもりでしたが何故かお金は減る一方でした。しかし収入が無くなったことをきっかけに月々の出費を一から見直し、頑張ればいくらでも節約できることを学びました。

まずは電気料金です。一昨年ボーナスで買った49型の4Kテレビがあるのですが、映りが綺麗なのが嬉しくてよく映画のDVDなど借りて来て鑑賞するのが楽しみのひとつでした。しかしその消費電力は思いの外高いようで、DVDをレンタルした枚数に比例して電気代が高くなっていることに気付きました。そこで、映画鑑賞を我慢するのではなく、毎日何気なく流し見していたニュースやバラエティー番組をやめたところ電気代が30%ほど安くなりました。もし大きなテレビを有しているご家庭の方は意識してこまめに消しておくと良いと思います。

あとはやはり食費ですね。スーパーの特売品を狙うのはもちろんですが、隅っこにある地産地消コーナーは要チェックです。安くて新鮮でデカイ!(笑)地域差はあるかも知れませんが利用しない手は無いと思います。10円20円の差でも、塵も積もれば山となります。あとは品質に特にこだわらないものであればプライベートブランドのものを選ぶとか、ネットの口コミを検索して安くて良いと噂の化粧水を使うようにするとか、とにかく安くて良いもの探しを徹底すれば月々の出費を大きく削減できるはずです。無理のない範囲で節約を意識してみることが大切かなと思います。

私の食費節約術

私の体験談を基に節約術をご紹介します。

やはり何といっても家計でどのご家庭でも大きいのは食費かと思います。スーパーのはしごは当たり前。野菜はここ、豆腐はここ、お肉はここなどそれぞれのお得なスーパーを探し出して買い物に行っています。また、お肉は普通量のパックよりも割安なものがあれば必ずお徳用の大容量パックを選ぶようにしています。

使う分だけ残して後は冷凍します。冷凍と言えばお弁当などに使う冷凍食品は私は割高なので買いません。休みの日にまとめて作って冷凍しておきます。自作なので添加物も入っていないしコストパフォーマンスもよく一石二鳥です。夕食用に作ったカツや唐揚げなど揚げ物も多めに作って冷凍できます。

もちろんお弁当にも使えますし、ご飯を作るのが億劫な日でもトースターで焼くだけでメインの一品になるので重宝しますよ。お米も炊飯器で目一杯の分量でまとめて炊いてあとは冷凍おにぎりにしています。食べたい時に食べられて便利ですし、何よりも電気代の節約にもなります。

炊飯時の電気代もそうですが保温機能って意外と電気代がかかるのです。1回1回の電気代は少しの差かもしれませんが毎日の炊飯を3日に1回、食事は毎日続くのでこれを何年もで考えたら違ってきます。節約は小さなことの積み重ねです。この記事が少しでも節約のお役に立てば嬉しいです。

コンビニからの脱却

私は普通に給料を貰っているのですが、どうも貯金が増えないな、毎月プラマイゼロだな、と思っていて、いつかは家計を見直さないと、と思い、3年前の正月休みに見直すことにしました。レシートを管理できるアプリで何にいくら使ったかが分かるのですが、コンビニエンスストアに掛かるお金が思った以上にありました。

コンビニは便利です。レジにもスーパーのように並ぶことはお昼時などを除けばあまりありません。しかし、オリジナルブランド以外の商品はほぼ定価と高く、それが積もりに積もって一ヶ月単位で見てみるとかなりの額になっていました。

それからはコンビニ依存生活を見直し、スーパーやドラッグストアでの買い物中心の生活になりました。スーパーやドラッグストアまで遠いという方は、掛かる距離、ガソリン等考慮に入れて、どちらを選ぶかを選択するのがいいかもしれません。

しかし、遠方の方にもネット通販というものがあります。ネット通販は基本、送料無料を選びます。洗剤や調味料など、重いものはまとめ買いをすると、1つあたりの単価をグッと下げることができます。スーパー等より安い場合がほとんどなので、積極的に使っていきましょう。稀に送料別で、送料を合わせたとしても安い場合があるので、送料別でも忌避せずに見てみましょう。

私はコンビニ依存生活を止めることで、毎月、ほぼ定額の預金ができるようになりました。

500円貯金は有効だ!

貯金をする上で、一番簡単だと思うのは500円貯金です。

なぜなら500円貯金には、貯金と節約両方がいっぺんにできてしまうからです。

500円貯金の便利なところは、1000円札を崩した時にいつでもできるからです。

例えば、コンビニで買い物をします。

500円以上いつも使ってしまうけど500円を作ろうと思うと1000円からだす場合500円

しか使わないようになりますよね。

僕はこれでコンビニでの支払いは500円以下になりました。これで節約は少しできますよね。そして500円貯金のいいところは使ったつもりなのに溜まっているところです。

月に3万だけコンビニに使おうと決めます。その中で500円貯金をすると決めると半分の1万5000円はたまります。

3万円使ったはずなのに貯金箱に1万5000円入ってる!これは嬉しくないですか?

しかも意外と習慣化すれば楽に貯金できるんですよ。500円硬貨って目に見えたり重さを確認できるんで結構ためていくのに楽しみを覚えるんです。

普通に口座に貯金して残高を確認していくのも楽しいですがなんか味気ないので

口座と別に現金で貯金する楽しみも持っておけば貯金自体がより一層楽しくなって行きますよ。

趣味の読書でちょっとだけ節約するつもりだったのですが

不景気のあおり以前に、そもそも安月給の私にとって、節約は日課の様なものです。

光熱費の節約に自宅のテレビを一台にして、家族で同じ部屋で過ごす時間を増やし、冷暖房費の節約をしたり、

お茶代を始末するため、水筒を持参することはもちろんのこと、水筒の中身を飲み干したら会社の給湯室でお湯を貰ってのどを潤せるよう、

デスクや更衣室のロッカーの中にはハーブや紅茶のティーバックをため込んでいます。

そんな私が最近になって結構節約ができたと実感したのは、唯一の趣味である読書の方法を変えたことです。

今までは紙媒体にこだわっていたのですが、電子書籍にすることで、若干安くなるものもあるので、

思い切って変えることにしました。

読み慣れるとそれほど不満はなく、さらにAmazonのプライム会員の特典として読み放題サービスが追加されたことにより、

読みたい雑誌や書籍を無料で読めるようになり、さらに私の書籍代は節約できるようになりました。

日々の細かい節約よりも、趣味での節約は辛いと思っていたのですが、

今ではかえって快適に読書の時間が取れるようになり、とてもお得感があるのです。

本を何冊も持ち歩く必要はないし、読みたいものをすぐに読める上、読みたいと思っていた書籍の中には無料で読めるものもあるのです。

これからも大好きな書籍を沢山読みたいと思います。

ポイントを貯めてお得に買い物をする

私は食費を安くすませたり、光熱費を抑える節約が正直得意ではありません。スーパーでの買い物が好きで、あれもこれも買ってしまうし、光熱費に関しては電気はこまめに消したり、水をこまめに止めたりと最低限のことしかできていません。根本的に「無理をしすぎると続かない」性格なので、きつい・面倒だと思うことはしないようにしています。

そんな私ですが、節約をしたいという気持ちはいつもあります。そこで実践しているのが、「ポイントを貯める」ことです。

いつも買い物に行くスーパーにはポイントカードがあります。100円につき1ポイントずつ溜まっていき、500ポイント貯まると500円の金券がもらえます。このポイントが、火曜日は3倍になるので買い物は必ず火曜日に行くようにしています。そして支払いをEdyですることによって、Edyのポイントも貯まります。

また、スーパー以外の買い物や支払いなどは全て楽天のクレジットカードでしています。そうすると楽天ポイントが貯まり、そのポイントをEdyに替え、またスーパーでの買い物で使うことができます。

他にも、よく行くドラッグストアのポイントカードにはお金をチャージできるようになっています。そのチャージをする日にちによって、更にポイントがもらえるので、チャージをする日にも気をつけています。

ポイントを貯めてお得に買い物をするのが楽しいので、私には向いているみたいです。

頂き物の商品券の使い道に困った時には。

貰って嬉しいですが、なかなか使いにくいのが商品券です。

お祝い等やポイントの消化で頂く機会も多いのが商品券です。ほぼ現金と同じなので有りがたいのですが、お金と決定的違うのは使う場所が限られている事、貯金として銀行口座に入れられない事です。

商品券を金券ショップに入れる事で現金化する人も多いと思いますが、額面通りには行きません。

少しは金額が下がってしまいます。

それでは勿体ない気持になります。百貨店等で何かを購入すればいいのですが、節約思考となり、なかなか思い切って使えないものです。

そこでお勧めなのは、友人宅に御呼ばれした時に買い物をするという事です。

だいたい、商品券は現金と同じ扱いになるので現金用の百貨店のポイントカードにもポイントが付与されます。

普段クレジットカードを使用している人は百貨店のポイントかクレジットカードのポイントか迷いがちです。滅多に行かないならクレジットカードで支払いポイントを貯める方がお得です。

商品券で支払う分には百貨店のポイントが付与されるのです。

頂き物の商品券で高価な物を手土産に持っていけば、上手に使う事が出来るし、相手にも一目置かれる事になります。

頂いた商品券をなかったお金と換算して使いたい衝動には駆られますが、きちんと同じお金として使う事が上手な節約です。

遮熱塗料で光熱費の節約をしよう

季節がかわり、四季があるのはとても趣があることでもありますが、あまりにも暑い夏、寒い冬というのは光熱費もかかりとても暮らしにくいものです。そして極端な気温の変化は洋服代もかかります。ですから気温の変化に対応するため、様々な生活の知恵を駆使している家庭も多いのではないでしょうか。

特に暑い夏はエアコンの設定温度を下げ過ぎないように自然を利用したグリーンカーテンなどを利用している家庭も多いものです。また、遮熱塗料でエコ・省エネ対策を始めている公共施設も多く、遮熱塗料は今注目を浴びています。熱を逃がさないことで、一年中無駄な光熱費の節約にもなります。

光熱費をかけて毎日の暮らしを快適にすることは簡単ですが、経費がかさみ、家計もまた苦しくなってしまいます。遮熱塗料であれば無駄な光熱費をかけることもなく、地球にもやさしく一石二鳥です。遮熱塗料はスーパー、駐車場、体育館など様々な身近な施設で利用されていますし、一般家庭でも導入するところは増えています。

暑い夏はエアコンの冷たい空気を逃がさずにすみますし、冬は暖かい空気を逃がさずにすみます。できるだけ熱をにがさないようにすることで、同じ建物でも快適に過ごすことができるでしょう。