節約だけではない!健康促進にも繋がる方法とは?

節約を考えた時、一番先に頭に浮かぶのは住居費です。毎月支払うわけなので、条件を考慮する必要はありますが、できるだけ抑えたいものです。駅から近い物件は、アクセスが便利なため、家賃が高騰します。物件を探していた友人は、少しの距離を変えるだけで、それぞれの物件により違いはありますが数万円もお安くなったそうです。

月に数万円ですから年間に換算すると、すごい金額です。浮いた分は、貯金に回すこともできますし、駅まで歩くことになるので健康促進にも繋がることができそうです。引っ越しをする場合は繁忙期を避け、可能であれば平日を利用することで代金を大幅に削減することができます。

今や一人1台、小学生であっても携帯電話やスマホ、タブレットを所有しています。大手の携帯電話の会社もありますが、家族全員で格安のSIMを使えば通信費を節約することができます。最近は、電気会社を選ぶことができるようになりました。その家庭に合ったプランにすることで節約になるため、検討してみる価値があると思います。

また、車を所有すると維持費がかかりますが、カーシェアリングを利用すると安く手軽に車を借りることができます。自転車をシェアすることができるレンタサイクルを知りました。運動不足解消にもなるので、登録して利用しようと思っています。

ローンの負担を減らして貯金をしよう

新しい分譲住宅を見ると、家を建てるならこんなところがいいな、と想像を膨らませてしまう人も多いものですが、新しい家を購入するには住宅ローンを組まなければいけないことがほとんどです。

きちんと安定した収入がある人で節約もできる人であれば良いですが、それでも働いている途中でお給料が減額になってしまうというリスクも多いものですから、最初は無理なく組んで支払いは楽だった住宅ローンも、次第に苦しくなって貯金できないと思うようなことも出てくるので注意です。

ですから計画的に住宅ローンを組んだつもりでも苦しくなってしまったようなときは、銀行の窓口に行って相談することで解決してみましょう。相談することでローンの支払いを少し待ってもらうということもできるものです。また、もっと金利が安い銀行でローンを組みなおしたり、解約手続きをして新しい銀行で住宅ローンの借り換えをする方法もありますから、住宅ローンが苦しいときは解説基礎を学んでみましょう。

また、人に聞きにくいことや、具体的な疑問点もネットでなら気軽に調べることができ解決することができますから、専門の人になかなか質問できる機会がないというような人なら、ネットで情報も仕入れてみると良いでしょう。