節約も貯蓄も自分にできることから

出産を機に私は仕事を退職し、その後今もなお専業主婦です。主人は会社員で毎月決まった収入を頂けるのが救いなのですが、なかなか貯蓄は増えてくれません。

私自身の収入源を考えましたが子供もまだ幼いため、節約面でない頭を振り絞り考えました。まず、公共料金です。どんどん値上がりしていた電気料金ですが、電機会社の自由化が始まったのをきっかけに変え、他にも冬はエヤコンを使用せずオイルヒーターを主に使用し約8か月間で7000円の貯蓄に成功です。

今までに、1週間100円貯金や1か月500円貯金もしていたことがありますがあまり続けられなかったので生協の投資で毎週300円ずつ貯めています。勝手に請求金額と一緒に引き落とされるので知らないうちに貯蓄できていて便利です。

また、わずかですが貯金を郵便局や銀行に置いていても利子はいくらも増えないので貯蓄型投資をしています。かたまったお金を投資する方もいますが、私の場合は毎月5000円を投資するものです。利益も大きいものではありません。定期預金より利子が少し多い程度ですがリスクも少ないそうです。結果がすぐ分かるものではないので地道ですが、去年の4月頃からはじめて5000円の利益になっていたので様子を見ながら続けていこうと思います。

適当な私が適当に管理して貯めた貯金方法

貯蓄というと細かくお金の管理をしなければ貯まらないという印象の人も多いでしょう。

私は大雑把で面倒くさがりの適当な人間(主婦)ですが、自分の中で決めた決まり事だけで毎年確実に貯金額が増えています。

では、その自分で決めた決まり事をご紹介したいと思います。

食材は毎日買いに行かない

これは、適当な私が毎日スーパーに行くと、ついつい余分なお買い物をしてしまうからです。きっと几帳面な人は、まずメニューを考え、不足分をメモに書き、書かれたものだけを買って帰ることでしょう。ところが私はメニューは考えず、基本的に冷蔵庫などにある卵や調味料、鶏肉、牛肉などの簡単なメモはするものの、それ以外にもその時欲しいと思ったものも追加してどんどん購入してしまうのです。自分で分かっているからまとめ買いをするのです。食費の増減は大きく貯蓄額に影響を及ぼします。

洋服や靴を買う時はまず手持ちを捨てる

よくお片付けの達人なんかが言われる事ですが、洋服や靴やアクセサリーはどんどん増えていきます。達人は欲しい物を購入する前にまず家にある同じもの(靴が欲しいなら靴)を捨ててから新しい靴を購入せよと言います。お片付術けではないですが、私はこの辺もきちんと管理をするわけではなく、昔はどんどん欲しいものを購入していました。ですが、この方法だと古い靴がお気に入りばかりの場合、捨てるのがもったいなくて新しい靴を買うのを諦めるか、一旦じっくり考えます。節約・貯蓄にも大きく関わる事なので、ぜひ実施をお勧めします。

かかる食費。少しの手間で、作り置きおかず

我が家は私を含め、たくさん食べるので食費がとてもかかります。

ですので、食事もマニュアル通りに作ると、とんでもなく金額が跳ね上がってしまいます。

近頃の主食は、皆さんも安さでおなじみの鶏むね肉です。

それに、お安く手に入る木綿豆腐を組み合わせてカサマシしております。

まず、胸肉の皮をはがしFPでミンチにします。

① ミートソース作り

1)油をしいたフライパンにおろしにんにくをいれ、ミンチした胸肉を炒めます。火が通りましたら、みじん切りにした玉ねぎを入れさらに炒めます。

そこに、木綿豆腐一丁入れてつぶしながら炒めます。

2)ホールトマト・中濃ソース・コンソメ・塩・ケチャップ等で味付けをします。

これで、ミートソースの完成です。

② キーマカレー作り

①のミートソースの 1)までは作業が同じになります。

そこに、お好みの野菜を細かく刻んで入れます。近頃の我が家のブームはリンゴです(笑)

あとは、カレールーを入れ味をととのえて、少し炒めれば完成です。

応用編として、ミンチした鶏むね肉と木綿豆腐、たまご、片栗粉を入れて混ぜて混ぜて混ぜまくります。

そこへ、刻んだもやしをいれて丸めてハンバーグのように焼き、みりん・さけ・醤油・同量を入れ絡めるとおいしいつくねができます。

そこに、ピザ用チーズをかけると、さらにゴージャス★

甘味が好きな方は たれにはちみつを入れるのもおすすめです。

節約と上手に付き合うには?その考え方。

節約に関してはしすぎると疲れてしまいますが、生活を引き締めないと、とりどめもなくお金を使ってしまいます。

私はこの冬に電気毛布を使っていたのですが、新しい布団を一枚買い足しました。

電気代と毛布を買い足すことを考えたらどちらがお得かな?と考えたからです。

つまり、節約には何気ない生活の中で「気づく」ということも重要ですね。

日々の生活に追われていると生活環境を整える事すら出来なくなってしまい、ゆとりがなくなってしまいます。

それは他の家電なども同じ事。

特に冷蔵庫とエアコンは新しいものを買うときはお金がかかりますが、買ってしまえばその後の電気代はかなりお安くなります。

しかしながら食事で節約をするのは限度があると心得ましょう。

安い商品でお腹が膨れるものは栄養素が低いものが多く、不健康になってしまうからです。

結果、病気になると治療するのにお金がかかってしまいますから節約には繋がりません。

健康第一に考えると自然と節約自体の意味がわかって来ると思います。

ですから、スーパーで値下がりしたものを買うのは悪いことではありませんがたまには栄養価の高いものを選んで買う事をおすすめします。

上手に節約と付き合って快適な生活を送れるといいですね。では。

シミやほころんだ衣服の素敵なリメイク方法

節約を考える時に、真っ先に買わなくなるのは衣服かもしれません。

私の場合は、インナー類は消耗品なので、買わないわけにもいかないので買っていますが、それ以外は今あるもので何とかしようと思っています。

先日、ある情報で、セーターやTシャツなどのリメイクの方法を知りました。

シミや穴が空いたところに新たに糸で刺しゅうのような細工をすることで、新たしいデザインになります。

1箇所だけならばアクセントになりますが、複数あれば模様になります。

色もカラフルにすることで、セーターやTシャツの上に絵を描いたような感じになります。

それがとても愛らしく、シミや穴を隠しているようには見えないから不思議です。

私は何着もそのような衣服があるので、さっそくそのうちの1枚に細工を施してみました。

私は昨年、興味本位で購入した刺繍セットがあります。

ほとんど使っていなかったのですが、さっそくそれで、衣服に刺繍をしてみました。

2か所に刺繍をしてみたら、何ともカラフルでかわいいデザインに仕上がりました。

元の衣服よりも刺繍をしたほうが、オリジナリティーがあり、愛着が持てそうです。

かなり着こんでいるので、数か所のほころびが見られます。

しかし、刺繍をすることで、衣服が新たに生まれ変わり、さらに買わずに済むので数千円の節約に繋がりました。

我慢だけが節約じゃない!買い物の仕方を工夫しよう!

節約と利くとどのような印象をもちますか?セコセコしている、贅沢ができないといったイメージをもたれることもあると思います。しかし、今は我慢して節約をしなくても貯蓄に繋がる方法があるのです。その方法をご紹介したいと思います。

まずは、日用品についてです。買い物に出かけ、まだ家にストックがあるにも関わらず、安くなっていたからと買いだめをしていませんか?確かに安いかもしれませんが、また安く売り出すこともありますし、何より置場所に困ります。必要以上に購入しても、その存在を忘れてしまった方がお金がもったいないです。それよりも、ストックは最小限にし、物の把握をきちんとした方が無駄遣いを防ぐことができます。

次に、衣類や雑貨などについてです。ついつい可愛いから、あったら便利だからといって、すぐに購入していませんか?少額でもつもり積もれば大金になります。買い物をする時は、今の自分に足りない物、必ず使う物を買い物リストとして書き上げ、持ち歩くことがおすすめです。もし、気に入った物を見つけてもすぐに購入せず、一度家に帰って本当に必要なのか、クールダウンをすると良いでしょう。それでも必要なら買いに行くという方法の方が買い物における失敗が減ります。また、これは迷っている時にもおすすめです。

日頃の買い物の仕方を工夫するだけで、我慢をしなくても節約に繋がることがあります。

ぜひ、日常生活の中に取り入れてみて下さい。