電気はお金だー!と思いながら生活することで節約になる!

新しい家を購入した当初。電気代、水道代、ガス代。いくらかかるんだろう。と怖くてヒヤヒヤしていました。

そんな冬のある日電気代、ガス代を見て驚きました。何これ。高すぎる…私が思っているよりもはるかに高い明細書に驚きました。それもそのはず。付けたら付けっ放しの電気、水の無駄遣い。家族も多い中でのお風呂のガス代。この先やっていけるのかなー、と不安になりネットで節約術を見る日々。

とりあえず電気代。なんとかならないかなー。と思っていると付けっ放しにしておくと案外安く済む!なんて書いてあるものを発見。でもよく読んで見るとそれは夏場のはなし!であることに気がつきました。冬場は電力を消費しがちになるので付けっ放しは電気代が高く付くことが分かりました。

少しの外出でもエアコンを消すようにしました。あとは、ファンヒーターとの併用でも節約になります。子供達にも電気はお金!と思って生活するように言うとこまめに消してくれるようになりました。寒い季節にエアコンを付けないでいるのは正直無理だしそれで風邪を引かせるわけにもいかない。お風呂も入らないわけにはいかないし。なのでこまめに無駄を無くすことで節約になるんだと思います。

遮熱塗料で光熱費の節約をしよう

季節がかわり、四季があるのはとても趣があることでもありますが、あまりにも暑い夏、寒い冬というのは光熱費もかかりとても暮らしにくいものです。そして極端な気温の変化は洋服代もかかります。ですから気温の変化に対応するため、様々な生活の知恵を駆使している家庭も多いのではないでしょうか。

特に暑い夏はエアコンの設定温度を下げ過ぎないように自然を利用したグリーンカーテンなどを利用している家庭も多いものです。また、遮熱塗料でエコ・省エネ対策を始めている公共施設も多く、遮熱塗料は今注目を浴びています。熱を逃がさないことで、一年中無駄な光熱費の節約にもなります。

光熱費をかけて毎日の暮らしを快適にすることは簡単ですが、経費がかさみ、家計もまた苦しくなってしまいます。遮熱塗料であれば無駄な光熱費をかけることもなく、地球にもやさしく一石二鳥です。遮熱塗料はスーパー、駐車場、体育館など様々な身近な施設で利用されていますし、一般家庭でも導入するところは増えています。

暑い夏はエアコンの冷たい空気を逃がさずにすみますし、冬は暖かい空気を逃がさずにすみます。できるだけ熱をにがさないようにすることで、同じ建物でも快適に過ごすことができるでしょう。