安くて良いものを探すプロになる

今年から専業主婦になり、節約を余儀なくされている者です。それまでも高い給与が貰えていたわけではなく、月々こつこつと貯金するために自分では節約しているつもりでしたが何故かお金は減る一方でした。しかし収入が無くなったことをきっかけに月々の出費を一から見直し、頑張ればいくらでも節約できることを学びました。

まずは電気料金です。一昨年ボーナスで買った49型の4Kテレビがあるのですが、映りが綺麗なのが嬉しくてよく映画のDVDなど借りて来て鑑賞するのが楽しみのひとつでした。しかしその消費電力は思いの外高いようで、DVDをレンタルした枚数に比例して電気代が高くなっていることに気付きました。そこで、映画鑑賞を我慢するのではなく、毎日何気なく流し見していたニュースやバラエティー番組をやめたところ電気代が30%ほど安くなりました。もし大きなテレビを有しているご家庭の方は意識してこまめに消しておくと良いと思います。

あとはやはり食費ですね。スーパーの特売品を狙うのはもちろんですが、隅っこにある地産地消コーナーは要チェックです。安くて新鮮でデカイ!(笑)地域差はあるかも知れませんが利用しない手は無いと思います。10円20円の差でも、塵も積もれば山となります。あとは品質に特にこだわらないものであればプライベートブランドのものを選ぶとか、ネットの口コミを検索して安くて良いと噂の化粧水を使うようにするとか、とにかく安くて良いもの探しを徹底すれば月々の出費を大きく削減できるはずです。無理のない範囲で節約を意識してみることが大切かなと思います。

趣味の読書でちょっとだけ節約するつもりだったのですが

不景気のあおり以前に、そもそも安月給の私にとって、節約は日課の様なものです。

光熱費の節約に自宅のテレビを一台にして、家族で同じ部屋で過ごす時間を増やし、冷暖房費の節約をしたり、

お茶代を始末するため、水筒を持参することはもちろんのこと、水筒の中身を飲み干したら会社の給湯室でお湯を貰ってのどを潤せるよう、

デスクや更衣室のロッカーの中にはハーブや紅茶のティーバックをため込んでいます。

そんな私が最近になって結構節約ができたと実感したのは、唯一の趣味である読書の方法を変えたことです。

今までは紙媒体にこだわっていたのですが、電子書籍にすることで、若干安くなるものもあるので、

思い切って変えることにしました。

読み慣れるとそれほど不満はなく、さらにAmazonのプライム会員の特典として読み放題サービスが追加されたことにより、

読みたい雑誌や書籍を無料で読めるようになり、さらに私の書籍代は節約できるようになりました。

日々の細かい節約よりも、趣味での節約は辛いと思っていたのですが、

今ではかえって快適に読書の時間が取れるようになり、とてもお得感があるのです。

本を何冊も持ち歩く必要はないし、読みたいものをすぐに読める上、読みたいと思っていた書籍の中には無料で読めるものもあるのです。

これからも大好きな書籍を沢山読みたいと思います。

頂き物の商品券の使い道に困った時には。

貰って嬉しいですが、なかなか使いにくいのが商品券です。

お祝い等やポイントの消化で頂く機会も多いのが商品券です。ほぼ現金と同じなので有りがたいのですが、お金と決定的違うのは使う場所が限られている事、貯金として銀行口座に入れられない事です。

商品券を金券ショップに入れる事で現金化する人も多いと思いますが、額面通りには行きません。

少しは金額が下がってしまいます。

それでは勿体ない気持になります。百貨店等で何かを購入すればいいのですが、節約思考となり、なかなか思い切って使えないものです。

そこでお勧めなのは、友人宅に御呼ばれした時に買い物をするという事です。

だいたい、商品券は現金と同じ扱いになるので現金用の百貨店のポイントカードにもポイントが付与されます。

普段クレジットカードを使用している人は百貨店のポイントかクレジットカードのポイントか迷いがちです。滅多に行かないならクレジットカードで支払いポイントを貯める方がお得です。

商品券で支払う分には百貨店のポイントが付与されるのです。

頂き物の商品券で高価な物を手土産に持っていけば、上手に使う事が出来るし、相手にも一目置かれる事になります。

頂いた商品券をなかったお金と換算して使いたい衝動には駆られますが、きちんと同じお金として使う事が上手な節約です。

もらった子供服のタグは取らない!

節約や貯蓄をしたい子育て世帯で「もらったけどもったいなかった」という物の上位に、子供服があると思います。赤ちゃんや子供の成長度合いは本当に人それぞれなので、サイズが合う頃には季節が変わってしまったり、同じような服ばかりたくさんあって着る機会が回ってこなかったり。私も上の子の時にそんな悔しい思いをしたので、下の子が生まれて友人やばぁばから服を貰った時は、①すぐに着せて写真を撮る、②値札やタグは取らない という2つをルールにしています。

何のためかと言うと、ずばり着ない服は売ってしまうからです。子供服はほんの一時期しか着ないこともあり、タダ同然の値段で古着が出回っています。

でも、新品となると話は別です。古着屋さんに持って行っても、自分でネットで売るにしても、値札がついたままの新品だと1着で数百円で売れることもあります。なので我が家では、「売るかも」と思う服の値札や

タダは絶対に取らないことにしているのです。

では何のために写真を撮るかと言うと、もらった人への報告のためです。もらってすぐに子供に着せて、写真を撮ったらすぐ着替え。「似合ってるし本人も喜んでます!」と報告しておけば、後々「あの服どうした?」と聞かれてヒヤっとすることもありませんよね。もらった人には少し申し訳ないけれど、売ったお金を子供のために使えるので、我が家では割り切ってどんどん売っています。

節約するためにはこの方法だ!オススメの家計簿アプリケーション

節約するためには何にいくら使ったのか、どのような費用があるのかを理解しておく必要があります。何に浪費しているんだろう?いつ使ったんだろう?などを考えても記憶から消えた出費を思い出すことはなかなか難しいものです。

そこで節約するためには自分の出費をいつ、何に、どこで使ったかを管理する必要があります。それを可能にしてくれるいくつかのオススメの家計簿アプリケーションをご紹介します。まずは家計簿というアプリです。非常にシンプルかつ使いやすいアプリでこれはその日使った金額を入力でき、カレンダー様式になっていてその日にいくら使ったか、何に使ったかを一目で理解できます。

また月間でどのくらい使ったのかも知ることができ、自分の浪費が目に見える形でわかります。また項目別での金額(衣服や食費など)を表示されています。次に紹介するのは家計簿おとなのおこづかい帳です。このアプリケーションはデザイン性が高く、一言で言うとオシャレです。

ただオシャレというだけではありません。使ったお金は銀行からなのか、お財布からなのか、へそくりなのかを選ぶことができ、どこから出資できたのかを明確にできます。

これらのアプリケーションを駆使して、無駄のない節約ライフを送りましょう!

節約とはなんなのか、貯蓄とはなんなのか。

世の中に貯蓄や節約についての情報はたくさん出回っています。それこそ見たくなくても目につくほどに。なぜそこまでたくさん出回るのか、それはやはり誰でもお金を使い生活していて少しでも節約、貯蓄をする事で豊かな生活をしたいという心理なのだと思います。

しかしそれだけ情報が出回っているのにもかかわらず、なかなかうまく節約が出来ないという人も多くいます。なぜそうなってしまうのかと考えたところ節約という意味を個人個人が自分の中に取り入れた時、それぞれの意味に変換しているからではないのかという風に思うようになりました。

本来豊かな生活を送る為、そして将来に備える為に節約するはずが身を削って出費を減らそうとしている人が多いように思います。それではなかなか続ける事が出来ないのも無理はないと思います。

よく脂肪は内臓脂肪が普通預金、皮下脂肪が定期預金なんてお金に例えられたりもしますが逆の事も言えるのではないか、そう思います。身を削った出費を抑えるという行為は食事を抑えながら脂肪を増やすようなものなのではないかと。

そう考えると節約という行為はある程度のゆとりが無いとただの罰ゲームになってしまうだけなのではないかと思います。今一度節約、貯蓄をしたいという人は原点に帰り、どんなプランを持って、どう生活を豊かにするかという事を考えるといい節約が出来るのではないでしょうか?このような心がけも1つの豆知識なのかもしれません。

時には息抜きをしたい、でもお金はかけたくない私の節約術

私は日々の生活費を抑えて節約するように心がけていますが、たまには息抜きもしたいものです。

しかし、買い物やレジャーに行くとどうしても費用がかさんでしまい、それも後々後悔して、一種のストレスになってしまいます。

そういった費用を少しでも抑えるために利用しているのが、ネットやLINEでの割引システムです。

LINEでは、その店舗をお友達に登録すると、友達限定のクーポンを取得することができますし、定期的にクーポンが配信されるので、その時を狙って買い物するようにすると、お得感があります。

また、新幹線代などの交通費もとても大きいものです。

高速バスを使う、という選択肢もありますが、体力的にも辛いので、新幹線を安く乗れるならそれに越したことはありません。

今、ネットでは一ヶ月前までの早割の制度があり、それに応募すると35%オフで新幹線を利用することができるのです。

家族で旅行となると、交通費は大きな問題になると思うので、これを削減できればとても大きな節約になりますよね。

なんでもかんでも節約節約、とひもじい生活を送っていると気持ちもどんどん暗くなってしまいますし、長続きしません。

時にはお得にレジャーも楽しみながら節約生活を頑張りたいですね。

節約は欲求を我慢する自分との戦い

私の経験からして節約とは自分との戦いだと思っています。節約は我慢することであり、いろいろな欲求を耐えることができるかが重要です。それはどんな小さな欲求に対しても同じです。私は前まで、外に出てお腹が空けばファストフードやスーパーに入り、暇があればタバコを吸う。そんな生活をしていました。

しかしそんな生活を我慢しなければいけない時がきました。それは私が趣味のバイクです。新しいバイクが欲しくなり、生活面での無駄を無くそうと決意しました。その日から2ヶ月前に買った電子タバコのアイコスを友達に売り、多少お腹が空いても我慢するように心がけました。

たった100円の支出でも10日続けば千円出す。塵も積もれば山となるという言葉は馬鹿にしてはいけないのです。決意した日からコンビニでの買い物はなくなりました。スーパーも地域で一番安いスーパーで、その中でもお買い得品だけを購入しました。

そんな生活を1ヶ月続けてみたところ大きな成果がありました。先月と比べて約26000円の節約に成功したのです。こんな大きな金額を無駄にしていたかと思うとゾッとします。バイクを購入してからもこの節約生活を無理のないように続けてお金を貯めていきたいと思います。

エコなのか節約なのか

 私は物やお金を無駄にしたくないという気持ちが人一倍強いと思います。自転車のための駐輪場は100円かかる場合が多いですが、それを節約するためにわざわざ遠い場所にある空き地を見つけてそこに自転車を止めたりすることもあります。多少面倒でも100円は節約したいと思うからです。家の中でもできるだけ使えるものは使えなくなるまで使い切るというポリシーを実践しています。

 例えば食器洗いをするときにはスポンジに洗剤をたくさん含ませるのですが、食器を洗い終わった後もスポンジには大抵かなりの量の洗剤が残っています。これをただ何にも使わないまま絞り出してしまうのは勿体ないのです。最近はトイレの便器の中に絞り出すようにしています。

そうすることによりトイレの便器の中が少しでも綺麗になれば、トイレ掃除が少しでも楽になれば、という狙いです。ときには汚れた便座の上にかかるように絞り出し、トイレットペーパーで拭くようにするときもあります。少し笑ってしまうかもしれませんが、便器の中に泡立った洗剤をたくさん絞り込んだ後に大の方をすると、臭いが軽減されるだけではなく、大をした後の便器の汚れ方も緩和されます。あまり人には言わないことですけどね、これは。

 少し笑えるかもしれませんが、食器洗いに使った洗剤はトイレの便器に絞り出すのはお勧めです。洗剤を有効に使い切ることができる上、トイレ掃除にもなります。