適当な私が適当に管理して貯めた貯金方法

貯蓄というと細かくお金の管理をしなければ貯まらないという印象の人も多いでしょう。

私は大雑把で面倒くさがりの適当な人間(主婦)ですが、自分の中で決めた決まり事だけで毎年確実に貯金額が増えています。

では、その自分で決めた決まり事をご紹介したいと思います。

食材は毎日買いに行かない

これは、適当な私が毎日スーパーに行くと、ついつい余分なお買い物をしてしまうからです。きっと几帳面な人は、まずメニューを考え、不足分をメモに書き、書かれたものだけを買って帰ることでしょう。ところが私はメニューは考えず、基本的に冷蔵庫などにある卵や調味料、鶏肉、牛肉などの簡単なメモはするものの、それ以外にもその時欲しいと思ったものも追加してどんどん購入してしまうのです。自分で分かっているからまとめ買いをするのです。食費の増減は大きく貯蓄額に影響を及ぼします。

洋服や靴を買う時はまず手持ちを捨てる

よくお片付けの達人なんかが言われる事ですが、洋服や靴やアクセサリーはどんどん増えていきます。達人は欲しい物を購入する前にまず家にある同じもの(靴が欲しいなら靴)を捨ててから新しい靴を購入せよと言います。お片付術けではないですが、私はこの辺もきちんと管理をするわけではなく、昔はどんどん欲しいものを購入していました。ですが、この方法だと古い靴がお気に入りばかりの場合、捨てるのがもったいなくて新しい靴を買うのを諦めるか、一旦じっくり考えます。節約・貯蓄にも大きく関わる事なので、ぜひ実施をお勧めします。

夫婦の財布をひとつにする事で貯蓄する。

結婚して子供を出産するまでは、夫婦の財布は別々でした。

今思えば、これは早くやめた方が良かったと思います。主人が家賃は払っていましたが、その他はその都度払える方が支払ったりしていたので生活費や食費、光熱費が不鮮明になってしまい何にどれだけ使ったのか、いまいち管理できませんでした。お互いに自由に使っていた金額も多くて、それが当たり前だと思っていました。子供を出産して改めて家計をまとめることになり、今まで自分たちが、いかに無駄遣いをしていたかが分かりました。

主人はお給料をすべて私に渡してくれるので、その中から毎月お小遣いを決まった金額渡すことになりました。今まで自由に使えていたお金が急に減ってしまい、窮屈だったと思いますが、そこは夫婦一緒に子育てをしていくということで協力しあう良いきっかけになったとおもいます。

その後、子供が小学生になり、私はパートにでることになりましたが、変わらず夫婦の財布はひとつです。私のパート代は全額貯蓄に回し、主人のお給料で生活費やその他諸々すべてまかなっています。財布をひとつにまとめたことで夫婦の意識もひとつになり、家計の無駄を省くこともできて節約にも貯蓄にも良いことずくめでした。

節約や貯金は難しいから少しずるをしよう

節約や貯金というと、欲しいものを我慢したり、毎月少しずつ使えるお金を貯金に回したりして生活がちょっとだけ苦しくなるイメージがある人も多いんじゃないかと思います。私もその一人で、我慢や生活を苦しくしてまで節約や貯金は出来ないと思っていました。

でも本当は節約して貯金がしたい。我慢せず欲しいものを勝っても節約になる方法はないだろうか。そう考えた時に思いついたのがクレジットカードを使った節約法です。私はずっと現金払いばかりしていたのですが、どうやらクレジットカードで支払うことで1%程度のポイントが付くものがあるみたいなんです。

1%というとごくわずかなポイントに感じますが、現金で支払うよりはお得なのは間違いありません。しかも、日常的な買い物以外にも、公共料金の支払いもクレジットカードで出来ます。これらをすべて合わせると人によってですが数千円から一万円分以上のポイントを手に入れることが出来ます。これまでと全く一緒の生活をしているだけなのに、支払方法をクレジットカードに変更するだけで一万円も節約できるというのは魔法の様な事ではないでしょうか。

それに、現金での支払いをしなくてすむので、お財布が小銭などで重くなることもありませんし、銀行にわざわざお金をおろしに行く必要もなくなります。現金払いからクレジットカード払いにするだけの節約法、誰でも今すぐできて効果絶大なのでおすすめです。

ローンの負担を減らして貯金をしよう

新しい分譲住宅を見ると、家を建てるならこんなところがいいな、と想像を膨らませてしまう人も多いものですが、新しい家を購入するには住宅ローンを組まなければいけないことがほとんどです。

きちんと安定した収入がある人で節約もできる人であれば良いですが、それでも働いている途中でお給料が減額になってしまうというリスクも多いものですから、最初は無理なく組んで支払いは楽だった住宅ローンも、次第に苦しくなって貯金できないと思うようなことも出てくるので注意です。

ですから計画的に住宅ローンを組んだつもりでも苦しくなってしまったようなときは、銀行の窓口に行って相談することで解決してみましょう。相談することでローンの支払いを少し待ってもらうということもできるものです。また、もっと金利が安い銀行でローンを組みなおしたり、解約手続きをして新しい銀行で住宅ローンの借り換えをする方法もありますから、住宅ローンが苦しいときは解説基礎を学んでみましょう。

また、人に聞きにくいことや、具体的な疑問点もネットでなら気軽に調べることができ解決することができますから、専門の人になかなか質問できる機会がないというような人なら、ネットで情報も仕入れてみると良いでしょう。

今日は貯蓄について、考えてみました。

今日は、いつもと違って、貯蓄について考えてみました。

収入が減ってきた現在、無駄な食費を使わなくなった分、残るお金がそれほど違わなくなったことを感じています。

節約した分、貯蓄へと回したいところではありますが、最近の私は、ゆうちょ銀行にて貯金をせずに保険へとお金を回している状態です。

貯金の代わりに、保険をかけている状態です。何があってもいいように、という気持ちもあります。

ここまでお読みいただいて、ご想像がつく方も多いと思いますが、最近貯金しても利息が少ないです。下手に貯金を下ろすと、その分マイナスになりかねません。

そんなわけで、以前のように、節約して定額貯金にしたりせず、節約しつつも保険をかけて、普通預金にお金を入れているといった状態になっています。

貯金通帳を見ることで、どれくらい収入があって、保険料が引かれているか、わかるようになっています。

収入を見れば、個人事業主である私の働き具合もわかります。

ここ1年、別の仕事(クラウドソーシング)をするようになりましたが、そこで得たお金もゆうちょ銀行に入れるようにしてあります。

別の仕事(クラウドソーシング)での収入はゆうちょ銀行に入るようにしていますが、入金にしても出金にしても、手数料をかなり引かれてしまいます。

そこで、クラウドソーシングで得たお金は、楽天銀行に入れるようにしようと思います。

最近、楽天銀行からゆうちょ銀行へ振り込むようにすれば、手数料がお得になってくる(一律103円)ことを知りました。

クラウドソーシングで仕事をするようになって、1年になりました。思ったより仕事が長続きしているので、手数料を省くためにもこの方法をとろうと思います。

手数料が省かれることで、私の貯金・節約へのモチベーションは、かなり上がると思います。

もう少し働くことと、節約することで、無理せずお金を貯めていこうと思います。

スワップポイントでコツコツ貯める!

 銀行残高、いくらくらいありますか?利息でどのくらいふえたでしょうか?日本は長くゼロ金利政策を続けていますから、現在の利息はどこの銀行も限りなくゼロですよね。そこで、地道にお金を増やす手段としてオススメなのがスワップポイントです。

 スワップポイントは、それぞれの国の通貨の金利の差を埋めるための補助みたいなもので、外国との為替で利ザヤを稼ぐ、FXの口座で手に入ります。「外為〇〇」などのブランドで有名なあの会社などが手掛けているサービスですね。FXの会社ごとにスワップポイントの金額、通貨を交換したときの手数料などは違ってくるので、自分の使い方に合った会社で口座を作らなければいけませんが、今の相場だと、例えば南アフリカ共和国は利子が非常に高いので、FXの口座を開いて、日本円を南アフリカの通貨に換えて保有していると、毎日利息差分のお金が口座に貯まっていくのです。

 FXというと投資のイメージが強く、お金を多く持っている人が更にお金を増やす手段として使っているイメージが強いですが、きちんとリスクを理解して堅実に運用していけば、元手資金がない人でもお金を増やすことができます。銀行預金の利息が限りなくゼロの今の時代だからこそ、口座を持つだけでもやってみて損は無いかもしれません。

500円貯金は有効だ!

貯金をする上で、一番簡単だと思うのは500円貯金です。

なぜなら500円貯金には、貯金と節約両方がいっぺんにできてしまうからです。

500円貯金の便利なところは、1000円札を崩した時にいつでもできるからです。

例えば、コンビニで買い物をします。

500円以上いつも使ってしまうけど500円を作ろうと思うと1000円からだす場合500円

しか使わないようになりますよね。

僕はこれでコンビニでの支払いは500円以下になりました。これで節約は少しできますよね。そして500円貯金のいいところは使ったつもりなのに溜まっているところです。

月に3万だけコンビニに使おうと決めます。その中で500円貯金をすると決めると半分の1万5000円はたまります。

3万円使ったはずなのに貯金箱に1万5000円入ってる!これは嬉しくないですか?

しかも意外と習慣化すれば楽に貯金できるんですよ。500円硬貨って目に見えたり重さを確認できるんで結構ためていくのに楽しみを覚えるんです。

普通に口座に貯金して残高を確認していくのも楽しいですがなんか味気ないので

口座と別に現金で貯金する楽しみも持っておけば貯金自体がより一層楽しくなって行きますよ。

お釣り大好き透明貯金箱に貯めるぞ!

私は毎月少し多めに設定していますが食費5万(毎月4万くらいです)、日用品3万(家族の洋服類含)、外食4万(お出かけの時はここから)、ガソリン2万、病院1万と項目事にお財布の中でお金をわけています。お釣りは100円玉500円玉のみ残してそれ以外は全て蓋のあかないタイプの貯金箱にいれています。

一年間貯めると決めていて毎年お正月にお年玉代わりに貯めています。1円5円10円50円(臨時収入は全て貯金箱へ)だけで貯めています。毎年家族でじゃらじゃら手を真っ黒にしながら数えるのが我が家の楽しみになっております。

ちなみに去年は13万円程貯まっていて嬉しくてビックリでテンションあがりました!元旦早々何使う?と家族会議で急遽携帯でお宿を検索して13万で泊まれる所を見つけて急遽温泉旅行のお正月になりました。前日だったのにたまたま一部屋だけ空きがあり大江戸温泉物語へ。。。

がちゃがちゃクジやったら巨大アンパンマンぬいぐるみも当たって家族皆テンションMAXで残りのお金で一攫千金で宝くじ売り場で家族で平等にわけてスクラッチを購入。私は200円でしたけど娘が100万当てちゃいまして更にテンションMAX!!こつこつ一年間貯めた小銭達が100万円の束になって帰ってきました。私は引き続きお釣り貯金続けています。

自分で貯めるのが苦手なら勝手に貯まるような工夫を

私はハッキリ言って貯蓄が苦手です。

頑張って節約しても、節約できた分欲しかったものをすぐに買ってしまうという困った金銭感覚を持っています。

今までも節約と貯蓄に何度も挑戦しましたが、あまり結果が出せませんでした。

そこで私が考えたのが、「勝手に貯まるような仕組みを利用する」というもの。

まず貯蓄は、会社の財形貯蓄システムを利用して、一定金額を毎月給与から天引きするようにしました。

すると自分の意識しないところで毎月貯蓄できます。

気付けば数十万円に。

そして、自分での節約はクレジットカードを使った節約術です。

クレジットカードによって、ポイントシステムがあると思います。

私は楽天をよく利用するので、楽天カードを作りました。

楽天市場で買い物したポイントだけでなく、たくさんのキャンペーンを行っているので、街でカードを利用して買い物するだけでいつの間にか数百、数千ポイントが付与されています。

このポイントを利用して楽天市場で買い物をして、またその買い物分のポイントを貯めて…としていくと、やはり街で現金で購入するよりもポイント分節約になります。

公共料金の支払いもカード払いにしておくことで、毎月ポイントも貯まるので、いざ大きな買い物が必要になったときにはこのポイントが効いてきます。