節約につながる断捨離

巷で断捨離と言う言葉をよく聞きます。これは不用な物を処分する事で、物を貯め込まず、シンプルな生活を心がける事を推奨する言葉です。物に居住空間を占拠される事で住空間を無駄にしないと言う大きな意味があります。

その他に、この断捨離には節約に繋がると言う効果も期待できるのです。収納の奥に仕舞い込み、普段使う事の無いものを思い切って処分する時、自分がいかに無駄な買い物をして来たかを反省する事で、今後の無駄使いの防止に繋がるのです。また、衣服などを必要最低限とする事で、衝動的に同じような衣服を購入すると言った無駄を廃し、それが節約に繋がるのです。また、断捨離で不用になったものをリサイクルショップに買取ってもらえば、僅かでもお金も手に入れる事が可能です。

これは食料品でも同じです。特価だからと購入した冷凍食品等を冷凍庫にぎっしりと貯め込んでいたり、レトルト食品を食器棚に貯め込んでいるケースは少なくありません。そうした貯め込んだ食料品を全て取出し、整理すれば、賞味期限切れや、近く賞味期限切れになる様なものが必ずあるはずです。断捨離をし、保存している食料品が把握できる状態にすれば、賞味期限切れで廃棄する無駄がなくなります。

この様に、断捨離を心がけ、不要なものを購入しない事は、節約にも大きく繋がるのです。この点からも断捨離をお勧めします。