自分にとって必要なものにお金を使う意識を高めよう

給料はなかなか上がらない、投資で稼ぐのも難しい。インカムを増やすことが難しいとなると、出て行く方のお金を押さえようとするのが、自然な気持ちの流れでしょう。でも、自分のストレスになるまでお金を使うことを我慢すると、体に良くありません。そもそも節約は我慢なのでしょうか?日本人魂から、我慢や努力が美徳とする、そんな気持ちから節約に励んでいる主婦の方も多いと思います。ですが、節約の根本は我慢ではないと思います。家計には固定費と変動費があります。多くは周りの影響や自分の思い込みから必要と思われるものに支払いを続けています。しかし、見直してみると、周りの環境や自分の思い込みによる支出である可能性もあります。例えば、4人家族だから4LDKの家が必要であるとか、いい学校に入れるにはお金がかかるとか、社会のパターンに当てはめて、自分自身の環境作りをしている可能性があります。今ある環境は、本当に自分が必要としているものか、それを考えるところから節約がはじまると思います。

4LDKではなく2LDKで大丈夫ということになれは、かなり家賃が減るでしょうし、私立の学校に行かせるのは親の見栄があったという判断で公立の学校にすると、教育費を少なくすることができます。自分にとって必要なものだけ周りにあるのか確認して、不必要なものを削減していけば、節約につながっていきます。