頂き物の商品券の使い道に困った時には。

貰って嬉しいですが、なかなか使いにくいのが商品券です。

お祝い等やポイントの消化で頂く機会も多いのが商品券です。ほぼ現金と同じなので有りがたいのですが、お金と決定的違うのは使う場所が限られている事、貯金として銀行口座に入れられない事です。

商品券を金券ショップに入れる事で現金化する人も多いと思いますが、額面通りには行きません。

少しは金額が下がってしまいます。

それでは勿体ない気持になります。百貨店等で何かを購入すればいいのですが、節約思考となり、なかなか思い切って使えないものです。

そこでお勧めなのは、友人宅に御呼ばれした時に買い物をするという事です。

だいたい、商品券は現金と同じ扱いになるので現金用の百貨店のポイントカードにもポイントが付与されます。

普段クレジットカードを使用している人は百貨店のポイントかクレジットカードのポイントか迷いがちです。滅多に行かないならクレジットカードで支払いポイントを貯める方がお得です。

商品券で支払う分には百貨店のポイントが付与されるのです。

頂き物の商品券で高価な物を手土産に持っていけば、上手に使う事が出来るし、相手にも一目置かれる事になります。

頂いた商品券をなかったお金と換算して使いたい衝動には駆られますが、きちんと同じお金として使う事が上手な節約です。