節約と貯金は難しい。でも、楽しい。

日々の生活で金銭面で苦しくなった時、どうしても欲しいものがある時。

節約しよう、貯金しようと思う人がほとんどだと思う。

私もその中の一人だ。

節約といっても、単に日々の食事を質素なものにするなんて長く続けるのはかなり難しい。

人には欲がある。今日くらいいいか・・・という心の中の悪魔が呟く。

私が一人暮らししていた時に実践していたのは、

まず初めに、光熱費の削減だった。

冷暖房の無駄遣いをなくし、電気はこまめに消した。

単純なことだが、毎月の光熱費の支払いが来る度にドキドキした。

思っていたよりも料金が安いと本当にニヤニヤするほどうれしくて、

意外と料金が嵩んでしまった時にはなにがいけなかったのだろうと反省したものだ。

今思うと貧乏症だな、とくすっと笑う出来事だが当時は真剣そのものだった。

他にも色々な節約をしたが、その紹介はまた後日。。(笑)

節約をする中で次にでてくるのは貯金をしよう!ということだ。

私は家でコツコツと貯金箱に入れて貯蓄をする、というのは本当に向いてなかった。

現金を自分の手で貯金するという行為が、なんというかもったいないと感じてしまったからだ。

そこで私がお世話になったのが、銀行。

そう、おなじみの定期型積立預金だ。

これは本当におススメ。

自分で決めた額が、自分が決めた日にちに勝手に引き落とされる。

自分が知らないうちに勝手に貯蓄されてくのだ。

しかも、簡単にATMで引き出すことができないのもポイントで、

窓口に行かないと引き出せないという手間が、本当にお金が必要になった時以外引き出そうという気にならないのだ。

どうしても貯金ができないという方はぜひやってみてほしい。

自分がお金をかける場所はそれぞれだから、節約や貯金のやり方もそれぞれだ。

まずは色々な方法を試してみて、自分に合うやり方を見つけるのが第一だと思う。

そして楽しむことだ。

節約も貯金も、義務になってしまうと負担になってしまうから

ゆるく、楽しみながら実践していくことも大切だ。