節約とはなんなのか、貯蓄とはなんなのか。

世の中に貯蓄や節約についての情報はたくさん出回っています。それこそ見たくなくても目につくほどに。なぜそこまでたくさん出回るのか、それはやはり誰でもお金を使い生活していて少しでも節約、貯蓄をする事で豊かな生活をしたいという心理なのだと思います。

しかしそれだけ情報が出回っているのにもかかわらず、なかなかうまく節約が出来ないという人も多くいます。なぜそうなってしまうのかと考えたところ節約という意味を個人個人が自分の中に取り入れた時、それぞれの意味に変換しているからではないのかという風に思うようになりました。

本来豊かな生活を送る為、そして将来に備える為に節約するはずが身を削って出費を減らそうとしている人が多いように思います。それではなかなか続ける事が出来ないのも無理はないと思います。

よく脂肪は内臓脂肪が普通預金、皮下脂肪が定期預金なんてお金に例えられたりもしますが逆の事も言えるのではないか、そう思います。身を削った出費を抑えるという行為は食事を抑えながら脂肪を増やすようなものなのではないかと。

そう考えると節約という行為はある程度のゆとりが無いとただの罰ゲームになってしまうだけなのではないかと思います。今一度節約、貯蓄をしたいという人は原点に帰り、どんなプランを持って、どう生活を豊かにするかという事を考えるといい節約が出来るのではないでしょうか?このような心がけも1つの豆知識なのかもしれません。