買い置きはそれほど必要ではない

毎日の生活の中で節約を意識しているとどうしても特売や安売りなどの文字が目に入ることが多く少しでもお得な買い物をするためにお一人様何点や現品限り、特売商品などの商品を見ると買っておかなければ損してしまうような気がして節約のために買える分だけ、持てる分だけ無理してでもたくさん購入してストックしておくことがありますがこのような特売商品などに限ってかなりの確率で特売を行っていることが多く特に生活用品は多い時はなにかしらの商品を毎月特売セールを行っているので最近は無理してまであまり買いこまなくなりました。

半年に一度、一年に一度レベルの特売はほとんどなくそんなに大量に買い置きしなくてもすぐにまた別の特売が始まることが多く大量にストック分を購入するとその分の使えるお金が減ってしまうので特売品の大量購入は節約にはならないのではないかと気が付き、最近は多くても2~3個程度だけ買うようにしてストックが残り1個程度になった時の特売で購入することが無駄がなく出費も少なくて済むと気付いたので特売やお一人様何点の商品を見つけてもよく考えてから無駄使いをしないように購入する数を考えてから買い物をするようにしたら日用品費の出費がかなり減り日用品のストックにも困ることがなかったので節約のためと思って購入していたまとめ買いは無駄な出費だったようなので最近は買い物の仕方や購入する数をよく考えて買い物をするように気を付けています。

節約は日々の生活を見直すことから始める。

毎月の食費って意外とかかりますよね?!

でも、家族には栄養のあるものを食べさせないといけないし、きちんとした物を出さないと旦那には文句を言われるし、本当に主婦は毎日大変ですよね。

我が家は家計が厳しい時はまとめ買いで乗り切っています!

食費はやり方しだいでだいぶ抑えられます。

今まで買い物を毎日していましたが、気がつくと毎月の食費が大変な金額になっていました。

理由は毎日買い物に行くので、その日に食べたいものをちょこちょこ買ってしまい、結果無駄遣いをしていました。

今は買い物を1週間に1回まとめ買いするようにしています。1週間に1回食材が安くなる火曜日を狙い、日持ちするものや肉、野菜、魚など必要なものやその日に安い食材をまとめ買いします。だいたい1回の買い物で使う金額は5000円程です。毎日行っていた時はだいたい1回の買い物で1000円以上使っていたので、約3000円くらいはカットできました。

食材をまとめ買いしたことにより料理が楽しくなりました。

まとめ買いをすると、冷蔵庫にあるものでメニューを考えるので料理上手になりました。

冷蔵庫にあるものの中から献立を考えるので、週末になってくると食材も少なくなってきて何を作ろうか迷いますが、その中でパズルのように献立を組み立てて美味しいものができた時は達成感を感じます。

特に最終日は本当に冷蔵庫に何もない状態ですが買い物に行ってしまうと、なんか負ける気がして悔しいので、あくまで最終日に全部残り物を片付けるというように全て食材を使いきります。

なので以前は使うのを忘れて消費期限が切れてしまった物を捨てるといった事も多々ありましたが、そのような事も全くなくなりました。

我慢ばかりは身体に悪いのでポイントで賢く買うのが私のポリシーです。

100円ショップが全部お得とは思えないんです。

節約する為に100円ショップを選択する方は多いと思いますが、選択次第ではお得感がかなり違うのを発見しました。私は100円ショップ巡りが大好きです。私が通っている主な100円ショップとしては、ダイソー、セリア、キンドゥです。その違いに気づかないで通ってると損をする事になります。

まず、オシャレな雑貨屋さん的な感じで通うのがセリアです。セリアはかわいい雑貨屋さん的な感じの雑貨がたくさん売っています。私は新商品が出るか確認する為に週に一度は通ってました。そのついでに、日用品も買ってましたがダイソーの方が日用品はお得なの知ったのは最近です。

例えば、スーパーの袋と同じような取っ手付きの袋ですが、ダイソーと他店では20枚位違います。ダイソーの方が20枚位多く入って売っています。その他としてはキッチンペーパーの箱型タイプの物です。セリアで買ったティッシュケースに入れようとダイソーから購入した物が、ケースに入らない事に気付いたのです。

こちらも、20枚ほど違います。出来れば、捨てる者にはお金をかけたくないですよね…。と、私は実感しました。やはり、100円ショップでも使い分け次第で節約になるのです。それを知った時から、日用品はダイソーと決めています。

インドアって楽しめるコンテンツが沢山

お金がないけど時間があるってときはぶらぶら散歩しながら時間をつぶしています。どこかのお店にぶらっと入っても2時間ぐらいが限度でマクドナルドでご飯食べて夕方に別のところにいって、という行動を繰り返していると結局1日に1000円お金を使って、もしくは越えるときもあって自分の行動は本当に無駄なことが多いと振りかえって思います。

最近は、家にかえってパソコンをいじったり動画配信サイトを見て外にいるより充実した1日を過ごしている実感があります。しかも、ここでお金のことを振り返ってみても、1日500円使わなくてもやり過ごせることを発見しました。大食いの私でも、動かないとすこし我慢できるのでお昼ご飯がパンとコーヒーでも大丈夫になりました。

外出しないこともいい節約になるなぁと最近は、パソコンをずっと開いています。これで電気料金がテレビの時よりあがっていなかったらお金の節約にはもってこいの休みの過ごし方です。インドア派ってつまらないって想像してたけど、ネットが繋がってコンテンツが充実している今なら家で動画見てるだけでもいい時間を過ごせるなって実感してます。有料の配信サービスを利用したら、リアルタイムで面白いものがもっとあるんだろうなって思います。

本気で節約したいなら、毎日買う飲み物やお菓子を考えよう

僕の失敗からくる経験をお話しします。

本気で節約したいと思うなら、毎日買っている飲み物やお菓子を考えましょう。

たとえば缶コーヒー。

朝の一杯、昼ごはん後に一杯、夕方になって最後のひと踏ん張りにもう一杯。

確かに美味しいけど、1缶130円だとしたら、1日で360円。

1カ月に20日会社に出勤しているとしたら、7,200円になってしまいます。

飲み会に2回行けちゃう値段ですよね。

そう、「100円ちょっとくらい」と思っていても、毎日積み重ねると本当に大きくなっていくのです。

ガムやチョコレートなど、お菓子も買っていたりしませんか?

これも財布からお金が飛んでいく原因です。

缶コーヒー×3と、200円のお菓子を毎日買っているとそれだけで1カ月11,200円の出費です。

こういうのは無駄遣いですし、健康にもいいことないのでやめましょう。

僕は社会人になって5年くらいこういう生活をしていたので、今めちゃくちゃ損をした気持ちでいます。

だって、1年なら、1カ月11,200円×12で134,400円ですよ。

5年ならその5倍の672,000円です。

どれだけ無駄遣いしているかわかったのではないでしょうか?

節約するために、毎日の飲み物やお菓子は控えましょう。

普段の食費を少しでも削減をするには

普段の生活のなかで自分の収入を得るには普段からの生活を仕事で充実させていきながら、同時に健全な生活を自分で考えていかなければなりません。少しでも普段の生活を充実させたりまた、多くの貯蓄を作っていくことを考えるのであれば、やはり健全な生活を自分でおこなっていくことを考えていかなければなりません。

普段の食費を上手く節約するにはやはり、水筒などを使ってオフィスでの飲料を減らしていくことを考えていかなければなりません。家で作ったコーヒーやお茶などを上手くオフィスでも活用することで、普段の生活のなかで使う食費を削減することができます。

このような方法を上手く使っていくことで、より充実して安心できる生活を自分で楽しんでいけます。毎日のことですから余計しっかりとした経済観念を持つことで充実した生活を自分で楽しんでいくことができます。飲食にかかる費用はこのような点を自分で考えていくことで普段から効果的に節約することが可能となります。

普段から細かな点に配慮して適切な節約をすることで自分の好きな商品の購入をすることにもつながっていきますので、十分な配慮をしながら健全な生活をすることを考えてみてはいかがでしょうか。

生命保険控除で税金が安くなる?

あなたがいなくなってしまうと家族の中で収入を得る人がおらず生活費に充てる為の貯蓄が充分に無かったり、

未成年の子供がいて教育にもまだお金がかかる。

上記などの理由からいつ何時なにがあるか解らない、備えあれば憂いなしで

生命保険や共済など様々な保険に加入されている方は多いのではないでしょうか。

そんな方々に是非知っておいて頂きたいのが「生命保険控除」です。

生命保険控除とは一般的な生命保険、共済、介護医療保険、個人年金保険に加入し保険料を支払った際に所得控除が受けられる制度です。

【所得税】

年間払込保険料             控除される金額

・20000円以下           ・払込保険料全額

・20000円以上40000円以下   ・(払込保険料×1/2)+10000円

・40000円以上80000円以下   ・(払込保険料×1/4)+20000円

・80000円以上           ・一律40000円

【住民税】

年間払込保険料             控除される金額

・12000円以下           ・払込保険料全額

・12000円以上32000円以下   ・(払込保険料×1/2)+6000円

・32000円以上56000円以下   ・(払込保険料×1/4)+14000円

・56000円以上           ・一律28000円

保険料に応じて決められた金額が所得から差し引かれ、所得税や住民税が減額されますので年末調整や確定申告で必ず申告をしましょう。

申告の際は「生命保険料控除証明書」が必要になりますので申告前に保険会社に問い合わせて用意しておくとスムーズに申告ができます。

安くて良いものを探すプロになる

今年から専業主婦になり、節約を余儀なくされている者です。それまでも高い給与が貰えていたわけではなく、月々こつこつと貯金するために自分では節約しているつもりでしたが何故かお金は減る一方でした。しかし収入が無くなったことをきっかけに月々の出費を一から見直し、頑張ればいくらでも節約できることを学びました。

まずは電気料金です。一昨年ボーナスで買った49型の4Kテレビがあるのですが、映りが綺麗なのが嬉しくてよく映画のDVDなど借りて来て鑑賞するのが楽しみのひとつでした。しかしその消費電力は思いの外高いようで、DVDをレンタルした枚数に比例して電気代が高くなっていることに気付きました。そこで、映画鑑賞を我慢するのではなく、毎日何気なく流し見していたニュースやバラエティー番組をやめたところ電気代が30%ほど安くなりました。もし大きなテレビを有しているご家庭の方は意識してこまめに消しておくと良いと思います。

あとはやはり食費ですね。スーパーの特売品を狙うのはもちろんですが、隅っこにある地産地消コーナーは要チェックです。安くて新鮮でデカイ!(笑)地域差はあるかも知れませんが利用しない手は無いと思います。10円20円の差でも、塵も積もれば山となります。あとは品質に特にこだわらないものであればプライベートブランドのものを選ぶとか、ネットの口コミを検索して安くて良いと噂の化粧水を使うようにするとか、とにかく安くて良いもの探しを徹底すれば月々の出費を大きく削減できるはずです。無理のない範囲で節約を意識してみることが大切かなと思います。

私の食費節約術

私の体験談を基に節約術をご紹介します。

やはり何といっても家計でどのご家庭でも大きいのは食費かと思います。スーパーのはしごは当たり前。野菜はここ、豆腐はここ、お肉はここなどそれぞれのお得なスーパーを探し出して買い物に行っています。また、お肉は普通量のパックよりも割安なものがあれば必ずお徳用の大容量パックを選ぶようにしています。

使う分だけ残して後は冷凍します。冷凍と言えばお弁当などに使う冷凍食品は私は割高なので買いません。休みの日にまとめて作って冷凍しておきます。自作なので添加物も入っていないしコストパフォーマンスもよく一石二鳥です。夕食用に作ったカツや唐揚げなど揚げ物も多めに作って冷凍できます。

もちろんお弁当にも使えますし、ご飯を作るのが億劫な日でもトースターで焼くだけでメインの一品になるので重宝しますよ。お米も炊飯器で目一杯の分量でまとめて炊いてあとは冷凍おにぎりにしています。食べたい時に食べられて便利ですし、何よりも電気代の節約にもなります。

炊飯時の電気代もそうですが保温機能って意外と電気代がかかるのです。1回1回の電気代は少しの差かもしれませんが毎日の炊飯を3日に1回、食事は毎日続くのでこれを何年もで考えたら違ってきます。節約は小さなことの積み重ねです。この記事が少しでも節約のお役に立てば嬉しいです。