100円貯金!?意外と貯まって面白い!!

これは私の友達の話です。

私の友達のa君はある日急に500円玉の貯金箱を買ってきた話をしてきました。

ですがただの500円玉の貯金箱の話だと思ったのですが、突然凄い事を言い始めました。

「500円は高すぎるからこの貯金箱で100円貯めてみるわ!!」

これを聞いた時は本当に意味があるのか?と思っていたのですが、友達の結果を聞いたら凄いものでした。

まず友達の言っていたルールは買い物した時のお釣りの100円玉は最高300円まで貯金箱に入れるようにしていたようです。

友達は基本的にはコンビニで夜ご飯を買っているみたいですが1000円以内で抑えてあまりの100円玉を貯金して行くスタイルで生活しているようでした。

余った端数の小銭たちはまた明日のコンビニでの細かい支払いに使い100円玉がお釣りにくるように計算して買い物をしていたそうです。

普通の500円玉貯金は全部貯まるのに一年はかかるみたいです。しかし100円玉貯金は額は5分の1になるのですが貯まるのがその分早く日々のモチベーションが高まるそうです。

それに100円ですのであまり大きな額ではないので気兼ねなく貯金をする事ができるそうです。

結果的に一年間の500円玉貯金と同じ額溜まったみたいです。

皆さんも100円と考えれば簡単に貯金ができると思いますぜひいかがでしょうか?

家計簿をつけよう

とにかく、物欲センサーを減らすことです。

アレがほしい、コレもほしいのはわかりますが、

アレもコレも買っていたら、当然お金は貯まらないし、減る一方です。

どうしても、物欲が強いならばアレは買うけど、コレは諦めるなどどれか1つにするにしたほうがいいです。

またそれでもまだ欲しいのであれば、正社員でボーナスがある人は、ボーナスが出たから2つ買うとか、特別なときだけにしてください。

あと、家計簿をつけてください。

いつ、どこで何を買ったのか明確にわかるので。

月いくら自分が使っているのか、月どれくらいムダなモノを買っているのかわかります。

例えば、お菓子を月3000円買っているなと感じたのならば、来月は月2000円におさめるよう頑張るとか。

今月は旅行で結構使ってしまったから、来月は大人しくしていようとか。

お昼はお弁当を持参しようとか。

光熱費高いな、来月は1円でも減らせないかなとか。

見返せば見返すほど、減らせるものはあります。

すると、徐々にですが先月より使っている額が減っていくと思います。

細かいですが、1円単位でかならず家計簿をつけたほうがいいと思います。

家計簿をなんとなくつけ始めるだけでも、

全然意識が違くなると思うので、家計簿はおススメです。

スタンディングデスクを自宅でつくちゃおう!~腰の治療費をプライスレスにする節約術~

座りぱなしで腰が限界……。

立ってデスクワーク出来たらいいのに。

でもスタンディングデスクは高い……。

こんな方に必見です!

家のものを使えばタダでスタンディングデスクが作成できるんです。

しかもたったのスリーステップで作ることが可能!

1.先ず家にある普通の机を用意します。(机は膝上くらいあるものが好ましい)

2.そこに本もしくはティシュペーパーの箱を自分の胸より少し下くらい――みぞおちより少し下くらいまで積んでいきます。

(できるだけ積み上げる本もしくはティシュペーパーは形が均一なものが望ましいです)

3.後はそこにファイルに入れた下敷きを二枚ほど置けば、自家製スタンディングデスクの完成です。

(デスクワークをノートパソコンで行うのであれば、ファイルなしでそのまま置けば完成になります)

御覧の通り至極簡単に作れます。

唯一の注意点を言えば、ティシュペーパーで作った場合は耐久力が低いのでもたれかかったりすると簡単に崩壊します。

出来るだけ、本で作るのが望ましいです。

腰痛から解放されるとお金も余裕があることはもちろん、気分的にもかなり余裕が持てるようになると思います。

よろしかったら是非、この節約術をお試しください。

今日は節約をするために家にあったもので夕飯を済ませました。

今日は夕飯を節約のために家にあるもので済ませてすべて買わずに済ませました。なので今日は何も買わない日としてカウント出来ました。とても節約になっていると思います。私はいつも節約に取り組んでいて節約に励んでいるのであまり高いものは買わないようにしています。そのせいでいつもいいなと思ってもあまり買うお金がないために買うのをためらう事が多いです。でも節約をたくさんしているせいで沢山溜まったお金があるのでそのお金で沢山旅行に行きたいと思っています。

旅行はとても楽しいですしやっぱりお金がなければいけませんよね、なのでお金を稼ぎたいのですが今は子育て中なのでできません。なので家でできる節約方法をしようと思っているのです。私はいつも色々なことを考えていますが、一番考えているのはやっぱりお金のことです。どうすれば今以上に節約ができるのか、そんなことばっかり考えています。なのでこれからもたくさん節約していきたいと思っていますし、今日のように節約料理をして毎日を過ごしたいとも思っています。これからも節約に励んで沢山旅行に行けるようにお金をためて行きたいと思っています。ちなみに今日の節約料理はうどんでした。美味しかったです。

住宅ローン控除を上手に活用する方法

副業や、不動産収入を持っているなど給与以外に所得がある人は合わせて確定申告を行う必要があります。青色申告にしてもやはり所得税がプラスしてとられてしまう兼ね合いがありますが、そこを住宅の購入によるローン控除を活用すると年末の借り入れた金額の残額の1%が所得税として戻してもらえます。戻りきれなかった分は住民税からも少し返ってくる計算になりそれこそ何もしなかったらそれだけでかなり引かれる計算になります。所得の大きな人こそ住宅購入をする際に住宅ローン控除を活用する手はかなり良い方法となります。

自分で所得税を上手に浮かせる方法としてもふるさと納税よりも効果は大きくなります。特に今は銀行も金利が1%を切る時代であり、借り入れた手数料よりも戻って来る住宅ローン控除の金額の方が大きいなどお得な状況はさらに増えます。また今年の10月から消費税が増税される状況であれば住宅の購入にかかる消費税もアップします。それを上がる前に購入すればさらにお得な条件で契約する事が出来るなど駆け込みで行う人も増えています。そうなればサラリーマンは特に節税が難しいとされますが、住宅ローン控除であればそこは簡単に手続きも行えます。

食パンは冷凍庫の保存でいつでもおいしい!

スーパーマーケットで売っているパン売り場の食パンは、日持ちがしないので消費期限が近くなってくると30%オフの値引きシールが貼られます。それでも売れずに残っているものは半額になります。食パンは冷凍庫で保存できるので、半額のものがあるときは買っておき冷凍庫に入れておきます。食べるときは、凍ったままトースターに入れて普段通りに焼くだけで解凍せずに食べられます。冷凍庫に入れるときは、1枚づつラップに包んで、と聞いたことがあるのですが、私はスライスしてあるパンなら袋ごと入れています。

ただ8枚切りの柔らかいパンは、くっついて冷凍されてしまうことが多く1枚取り出すのは難しいです。食パンも値上げして結構高いですし、1枚ぐらい食べただけではお腹にもたまりません。安いときに買っておけば冷凍庫に保存できるので便利です。お米の変わりの主食なので助かります。段々と気温が上がってくると、パンはカビが生えやすい食品なので注意しなければなりません。高温の部屋に置いておくのはあまり好ましくないので、そういうときでも冷凍庫に入れておけば安心です。食パンはたいしたことない金額ですが、毎日食べるとなると積み重ねで大きくなってきます。冷凍保存できて食べたいときにすぐに食べられるので、お買い得なパンを見つけたらやってみてください。

冷蔵庫の中身をチェック!使い切ろう、食べ切ろう。

冷蔵庫の中身を定期的にチェックすると、干からびた野菜や、賞味期限を突破した調味料がゴロゴロ…実に勿体ないことです。

それは、もともと自分がお金を出して買ったものだ、と思うと、なんとなく捨てられなくて、そんな食べられないものを冷やすためにスペースと、電気代を使っている、そんな人はすくなくありません。

一度、冷蔵庫の中身を一掃してみましょう。

そこがすっきり片付くと、調理や片付けの家事も効率化して、時短にもつながります。

さて、一度冷蔵庫がクリアになったら。

そこから先に入れていくものは、使い切りましょう!食べ切りましょう!

干からびた野菜を買いなおしたら、100円のロス。

調味料も同様、と考えたらやる気が出ませんか?

食べきれない、と思って冷凍庫に突っ込むと、それはまた食品のミイラが凍って溜まっていく、そんな墓場になるのです。

見かけたら、その日のうちに調理して食べるのがベストです。

その日食べ切れなければ、明日…というように、忘れないようメモに記してドアに貼っておくことも備忘録としては大切なことです。

少し残ったお肉や野菜の切れ端、調味料を使って適当なスープや、きんぴら風の炒め物を作ると、意外な一品になることもありますよ。

休日のランチに、そういう食材をまとめてお好み焼きにして家族全員で食べてしまう、という例もあります。

メニューが思い浮かばないのであれば、メニューレシピを検索することで有効活用できるものがありますよ。

節約を兼ねて美味しく楽しめれば、冷蔵庫のお掃除も苦行ではなくなります。

新生活の方必見!一人暮らしで光熱費を節約する方法

この春から新生活をスタートさせる方におすすめの、一人暮らしの方の光熱費削減の節約術をご紹介していきます。

水道、電気、ガスの光熱費は必ず毎月固定費として出費するものですよね。

そのため、節約方法を知って実践することで、毎月の出費を抑えることが出来ますので、すぐに実践して頂けるおすすめなテクニックです!

まず、水道代です。一人暮らしの方は、湯船に浸かるよりもシャワーの利用が多いのでは無いでしょうか?シャワーだけなら、そんなに水道代もガス代もかからないのでは?と感じる方も多いはず・・・。ところが、水道は蛇口を1分出しっぱなしにするだけで12Lもの水を使用しています。10~20分使用するとかなりの量になってしまいますよね。そこで、必ず、お風呂のシャワーは節水ヘッドに切り替えて、こまめに止めながら使用することをおすすめします!

節水ヘッドならば、平均して30%の節水が自然と出来ますし、ヘッドに止水ボタンがついている物もあるので、簡単に水が止められます。

また、なかなか減らす事が出来ない、電気代についてですが、こちらは1人暮らしであれば、部屋を借りて電気を開通させる際に、30A→20Aに切り替えをお願いする事をおすすめします!

基本的に一人暮らしの部屋でも30Aにもともと設定させているのですが、特別な電化製品の利用があったり、エアコン、ドライヤー、電子レンジは必ず同時に使えないと困る!と考えていたりしないかぎり、一人暮らしでは20Aで十分生活に支障なく過ごせます。

契約するA(アンペア)数を変えることで月額使用料が減らせるので、かなりおすすめです!

ご紹介した方法は、簡単な方法なので、是非実践して見て下さいね!

少しでも節約して資金を貯めて、一人暮らしを満喫するための費用に回せると嬉しいですよね。

欲しいものは出来るだけ作るようにしています

テレビを見ていると出ているタレントさんが身に着けているアクセサリーが素敵だと思うことがあります。

しかし購入をするともなると高額な費用が必要になってしまいます。

そこで見よう見まねで自分で作るようにしています。

材料も100円均一で見つけることができるので、かなり費用を抑えることができています。

ビーズも大量に入っているので、作ろうと思ったもの以外にもアレンジをして作ることができるようになっているのがいいと思います。

今では市販のアクセサリーを購入しなくなりました。

全て自分で作ることができるようになったからです。

材料もできるだけ安く購入をすることができるように、色々調べてから購入をしています。

価格の比較を行うことによって、費用を抑える工夫もできていると思います。

同じものでもこんなに価格に差があるものだ、と驚くこともあるので、価格のチェックというのはとても大切なことだと思いました。

もしもアクセサリー作りをしていなかったら、新しいものを購入するということはあまりできなかったと思います。

また材料だけではなく、他にも必要なものがあって購入をする際に価格の比較を行うという習慣が身に付かなかったでしょう。

価格の比較を行うというのは節約にもつながっています。