カードで買ったら即、現金を準備!

働いていれば、ずっとお金が入ってくるものだとばかり思っていました。

でも、気がつけば、仕事が続けられない状態に。

今後、少ないお金でどう生活すればいいか頭を抱えていました。

これまで、翌月支払いのカード払いで生活をしてきました。

リボルビングではないし、必ず翌月には支払うんだと思って、カードを使っていましたが、毎月の支払明細書を見て青くなるばかり。

お金をかき集めるのに苦労していました。

収入が減ったのと、金策に走るのだったらよく月払いの意味がないことに気がついて、よく月払いは継続していますが、カードで買ったら、レシートに現金をクリップで添付するようにしました。

この方法、カード払いの意味が無いかもしれませんが、今月使ったお金が一目瞭然です。

お金の流れがよくわかって無駄な買い物をしなくなりますし、お金の減り方がよくわかります。

しかも、ポイントも付くので一挙両得な使い方だということに気が付きました。

もっと前から気がついていれば、貯蓄にも結びついたかもしれませんが、最近になって気がついた方法なので、まだ貯蓄にまで至っていません。

しかし、だいぶ節約につながっているので、今後、一層の無駄な買い物を控えて、貯蓄までできればいいと思っています。

カードはポイントの利用方法も確認で

節約をする方におすすめされる小技として、カード払いは一枚に集結しよう情報が、多くみられます。ポイントが貯められるし、手続きも楽。

確かにその通りなのですが、そのカードそのものの持つ利便性もきちんと確認しておきましょう。

例えばお店のカードなどで、毎回3%オフになるというカードの場合。

初回のポイント目当てでついカードを作成してしまったけれど、あまりそのお店にはいかないというのでしたら、自分がよく利用するお店のカードの方がお得です。

またそのカードに年会費を払っている場合、年会費分以上の元は取れているか確認した方がいいでしょう。

普段利用していないカードで、年会費を払っているものがあれば早目の解約がおすすめです。

またポイントの利用方法、これも重要です。ポイントは溜まりやすいけれど、そのカードと提携している会社のカタログから、ポイントに応じた決められた商品を選ぶといったシステムでは、正直欲しいものを選べる機会が少ないです。

一斉解約は色々手続きが面倒かもしれませんが、自分がこれと決めた新カードを作り、口座振替などを徐々に移動させてから、それ以外のカードは解約する方法にすれば、手続きもさほど面倒ではありません。