リスク商品の活用で資金増やしを!

投資信託や外貨定期預金などのリスク商品を利用したことのない人は少しハードルが高いかもしれませんが今回はリスク商品の活用についてお話します。

世の中には、リスク商品を活用して生活費を工面されてる方はたくさんいらっしゃいます。全財産をリスク商品に投資するのは危険ですのでお勧めはしませんが、使う必要のない余裕資金にて運用することはありだと考えます。

例えば配当がでる投資信託であれば毎月決まった金額が口座に振り込まれます。年金受給者世代では、偶数月の年金支給月は良いですが支給のない奇数月は収入がありません。そんな時、分配金での収入があれば税金の支払いや生活費に充てることが可能です。しかし、ここで気をつける点は、リスク商品には必ずリターンとリスクがあるということです。自身のリスクに対する許容範囲を認識しどのファンドで運用するかを慎重に選ぶ必要があります。現在はNISAと言って非課税になる仕組みもありますので上手く活用することをお勧めします。

また私が良く活用しているのが、日経平均株価に連動したファンドです。分配金は出ませんが値上がり値上がりが日経平均株価を見ていれば大体わかり書い時、売り時がわかりやすいです。世界で日経平均株価が動く大きなイベントがある時は注目し、日経平均株価が下落すれば買い回復したら売却をします。数日間で100万投資し5万ほど利益を出したこともあります。それほど大きなイベントは滅多にありませんが、日本の総裁選やアメリカの大統領選挙などは注目すべきイベントです。