冷蔵庫の中身をチェック!使い切ろう、食べ切ろう。

冷蔵庫の中身を定期的にチェックすると、干からびた野菜や、賞味期限を突破した調味料がゴロゴロ…実に勿体ないことです。

それは、もともと自分がお金を出して買ったものだ、と思うと、なんとなく捨てられなくて、そんな食べられないものを冷やすためにスペースと、電気代を使っている、そんな人はすくなくありません。

一度、冷蔵庫の中身を一掃してみましょう。

そこがすっきり片付くと、調理や片付けの家事も効率化して、時短にもつながります。

さて、一度冷蔵庫がクリアになったら。

そこから先に入れていくものは、使い切りましょう!食べ切りましょう!

干からびた野菜を買いなおしたら、100円のロス。

調味料も同様、と考えたらやる気が出ませんか?

食べきれない、と思って冷凍庫に突っ込むと、それはまた食品のミイラが凍って溜まっていく、そんな墓場になるのです。

見かけたら、その日のうちに調理して食べるのがベストです。

その日食べ切れなければ、明日…というように、忘れないようメモに記してドアに貼っておくことも備忘録としては大切なことです。

少し残ったお肉や野菜の切れ端、調味料を使って適当なスープや、きんぴら風の炒め物を作ると、意外な一品になることもありますよ。

休日のランチに、そういう食材をまとめてお好み焼きにして家族全員で食べてしまう、という例もあります。

メニューが思い浮かばないのであれば、メニューレシピを検索することで有効活用できるものがありますよ。

節約を兼ねて美味しく楽しめれば、冷蔵庫のお掃除も苦行ではなくなります。

最近特に節約し始めた『食費』のお話

我が家では子ども三人を育てながら日々節約に力を入れ、少しずつですが貯蓄を頑張っています。

最近特に力を入れている節約は、生活費の多くを占めている『食費』です。

そこまで頻繁に外食などをしているわけでは無いのですが、やはり子どもが三人いますとそれなりの高額になってしまいます。

具体的に始めたことは、食材を買う際の曜日、そして場所です。

我が家では今まで子どもを保育園へ迎えに行った帰りにある比較的安価なスーパーで必要なものだけを選び、お肉や魚、お野菜など買っていました。

ただ、どうしても必要なのに定価、なんてこともありますが、わざわざ他のスーパーに行っている時間の余裕も無いですので定価でも買っていました。

ですが、最近気付いたのですが、大手スーパーの火曜市という特売の日の品物の価格の安さは、ちょこちょこスーパーで買うよりもお得にまとめ買いするのに打ってつけでした。

先日も行ったばかりですが、バラ売りのお野菜がとても安かったので人参や玉ねぎ、ジャガイモなど、多ジャンルの料理に使えるお野菜を驚きの安さでゲット出来ました。

正直、お会計した後に「こんなに買ったのに、やはり安い」と、心の中でそのお得感に喜びました。(笑)

ただ、(細かいお話ですが)豚肉のコマに関してはやや他の業務用スーパーなどの方が安かったので止めました。

そこで「せっかく来たから買っちゃおう」なんて思わず、しっかり買わないことを考えるのも凄く大事です。

まぁお野菜の他にも、冷蔵庫に切らすことのできない牛乳や卵なども安く買えたので、良いお買い物が出来ました。

そんな感じで、最近はその火曜市に集中して食材などを買うことでかなり節約に繋がっています。

色々細かい我が家のお話をしてしまいましたが、この辺んで終わりにしたいと思います。

以上、最近節約の中でも特に力を入れている、我が家の『食費事情』でした。