節約や貯蓄のために私が実践していること

普段の生活で節約のために実践していることは、とにかく無駄を省くということです。食べ物でいうと食べ残しをして食品を捨てない、食品の食べられる部分は余す事なく調理するということです。食べ残しをして捨ててしまうのはお金を捨ててしまうのと同じ事です。野菜も皮も芯も工夫しておいしく食べられるようなものであれば、調理して食べます。ゴミを減らすこともできますし、食費の節約にもなって一石二鳥です。

衣服も安いからといってワンシーズン着たら捨てるような耐久性のないものを買うよりも、少し値段が高くても吟味して気に入ったデザインのものを買って長く着るようにしています。流行遅れになってすぐに着なくなるようなものを選ばないように買うのは難しいのですが、スタンダードなデザインの着まわしのきく服を持ってこまめに手入れすると長く着られて被服費がおさえられます。あとはガスや水道や電気などの無駄遣いをしないようにするとか待機電力を減らすとか、使っていない時に出しっぱなし、付けっぱなしという風にならないようにします。

無駄遣いはお金を捨てているのとやはり同じ事なので、していていい事は一つもありません。家族にも(特に子供に)周知して協力してもらうようにしています。それはものを大事にする心にもつながると思います。