やってみた節約術

どうしたらお金が貯まるのか色々な節約術をためしてみましたがなかなかこれといったものがありません。今までためしてみたのはお風呂の残り湯を利用して洗濯したり掃除などに活用したりとかこれは今でもやってます。あとは一週間分の献立を立てて買い物に行くこれも最初はできていたのですが週の始めに献立ををたてて買い物にいっても結局足りないものとかが出てきて買い物に行ってしまうという悪循環、あと食材を使い切らないと行けないという使命感もあり自分には無理だと感じ断念これには向き不向きがあるんだなーとかんじました。

後は電気をこまめに消すとかお菓子はなるべく家で作るとか懸賞を応募しまくって試供品をゲットしたりもしましたがこれも毎日となると段々と疲れていき断念。月々の支払いをカードで払ってポイントを貯めようともしましたがこれは主人に反対され断念500円貯金とかもやってみましたが最初は貯まるのが楽しくて頑張ってましたが結局色々お金がかかるようになり結果その貯金から出していくという。自己嫌悪に陥ってしまいます。友人とかは夕飯一食500円で頑張ってましたがそれもそれで大変だそうで。貯金するのもなかなか大変だなぁと感じました。皆さんどうやって貯金してるのかとてもきになります。

リスク商品の活用で資金増やしを!

投資信託や外貨定期預金などのリスク商品を利用したことのない人は少しハードルが高いかもしれませんが今回はリスク商品の活用についてお話します。

世の中には、リスク商品を活用して生活費を工面されてる方はたくさんいらっしゃいます。全財産をリスク商品に投資するのは危険ですのでお勧めはしませんが、使う必要のない余裕資金にて運用することはありだと考えます。

例えば配当がでる投資信託であれば毎月決まった金額が口座に振り込まれます。年金受給者世代では、偶数月の年金支給月は良いですが支給のない奇数月は収入がありません。そんな時、分配金での収入があれば税金の支払いや生活費に充てることが可能です。しかし、ここで気をつける点は、リスク商品には必ずリターンとリスクがあるということです。自身のリスクに対する許容範囲を認識しどのファンドで運用するかを慎重に選ぶ必要があります。現在はNISAと言って非課税になる仕組みもありますので上手く活用することをお勧めします。

また私が良く活用しているのが、日経平均株価に連動したファンドです。分配金は出ませんが値上がり値上がりが日経平均株価を見ていれば大体わかり書い時、売り時がわかりやすいです。世界で日経平均株価が動く大きなイベントがある時は注目し、日経平均株価が下落すれば買い回復したら売却をします。数日間で100万投資し5万ほど利益を出したこともあります。それほど大きなイベントは滅多にありませんが、日本の総裁選やアメリカの大統領選挙などは注目すべきイベントです。