意外と簡単な節約方法教えます!

みなさん、節約してますか? 節約というともやしばかり食べて食費を大幅に削ったり、お洒落なお洋服を我慢したり、家賃が激安の家に住んだりとちょっと難しそうなイメージがありますよね。今回はそういう極端な節約術は置いておいて誰でも今日から簡単に始められる節約方法を教えたいと思います!

まずは一つ目。『ジュースを飲むのを辞める』です。甘い炭酸ジュースは美味しいですが、これははっきり言って高いです。自動販売機で買えば160円もしちゃいます。毎日飲めば毎月約5,000円もの出費に。これは勿体無い。

でもいきなりジュースを飲むのを辞めるのは辛いですよね。そんな時は『通販サイトでまとめ買い』をお勧めします! この時に還元率の高いクレジットカードを使って料金を支払うのを忘れないように! こうすることで『まとめ買いで安く買える』『クレカの還元でポイントがたまる』と一石二鳥になります!

家からペットボトルを持っていくのが面倒? それはわがままです。節約をしたいのなら何か一つ行動を変えるべきです。ジュースを飲むのを辞める…のは厳しいので家から持っていく労力を払う、という感じでちょっとだけ我慢のレベルを下げましょう。もちろんめちゃくちゃ我慢強い方は市販の麦茶を自分で沸かして毎日水筒で持っていくのが一番です。『自販機のジュース』と『まとめ買いの安いジュース』と『自分で作る麦茶』という風に節約レベルはその人に合わせることができます。自分のできそうなところからやってみましょう!

ちなみに筆者は水道水を飲み続けて10年になりますが、特に体に異常はありません! お陰でコツコツお金も貯まっています。最終手段としてお勧めですよ!

節約は楽しいものでケチケチすることではありません

皆さん、お金は正しく使っているでしょうか。もし正しく使っているのであれば、あなたは知らないうちに節約ができているはずです。

節約とは、現実的に無理をした作業をすることではありません。基本は楽でなければなりません。楽しくないお金の使い方は、それはたぶん節約にはなっていません。

その瞬間は節約をしたつもりになっているのかもしれませんが、その反動が必ず、お財布や健康に現れてくるはずです。無理な節約のトップ3に食費が挙げられます。安いものだけを買ったり、安いお店回りをしたりして疲れたり、そうして買って作った食事が貧相に見えたり、それが故に外食をしたりすることで意味がなくなったりします。また固定費としては、水道代や電気代をこまごまと気を遣うということも考えられます。けれどもこれは精神的にもよくありません。必要ならば思い切って使えばよいのです。このほうが、精神的にも良いのです。

しかし、楽しく確実に節約ができる方法はあるのです。それをこれから説明していきます。

固定費の王道である携帯代を見直すのも大きなポイントです。本当にその携帯のプランで今の生活にあっているのかは、逐次確認することがよいのです。あまり使わないのに通話料やデータ通信料の定額プランに入っていたりして、携帯代を余計に支払っていることはよくあることです。ショップに相談すれば、毎月の通話料やデータ通信料の使用料を教えてもらえ、不要なオプションなども見直しができて、これができれば格段に節約が進みます。固定費なのでずっと節約に貢献します。

さきほどの、無理な節約トップ3に食費をあげましたが、確かに食費も見直しが必要です。しかし無理をするのではなくて、必要なものだけを買うというスタンスをとるということです。無理をするということは、安ければ不要なものまでも買ってしまうという危険性も含みます。また、食材を買いすぎて余らせてしまうことも考えられます。ですから、必要なものだけを買うということは、節約をするには非常に大切なことなのです。食費は、節約をするポイントさえきちんと押さえていれば、楽にできるものなのです。ですから目標は、冷蔵庫が空になってから買い物をするということです。

あとは、小銭のつもり貯金も節約につながります。ちょっとした贅沢をしたくなったら、この小銭貯金を使うのです。貯まったら使う、そうでなければ貯まるのを楽しみに待つということです。

生活費や貯蓄に手を付けることなく日々を楽しめれば、節約生活もとても楽しいものになるのです。

最近話題のキャッシュレス決済を上手に取り入れて節約に繋げよう

消費税増税で話題になったキャッシュレスでポイント還元という話もありますが、支払い方法も重要になってきます。

キャッシュレスでの支払い方法は大きく分けて3つあり、後払い方式や前払い方式更に即時払いというものがありどの方法でもポイントや特典がついてくるというものが多いです。

最近ではスマホアプリで支払いを管理するという人も増えているので、恐がって現金で払うと損する内容担っているのです。

それに現金であれば当然ATMも使うのでその手数料もかかるという事を考えると、現金よりもキャッシュレスで買い物した方がお得だということにもなるのです。

これを利用して家計管理を簡単にして、更にポイントをためるようにしていけば家計簿を買う必要もなく簡単に節約ができるのです。

但し、浪費癖がある人は後払い方式ではなく、前払い方式や即時払いという方法を選択する方がいいです。

この方法は使いすぎを防げるという効果もあるので、無駄遣いを防ぐ抑止力が働くので無駄遣いを押さえられるという事もできるようになります。

キャッシュレスを上手に使えば節約にも繋がるので消費税増税を気にキャッシュレス生活で少しでも節税をするということをしてもいいと思います。

節約や貯蓄についての考え方とおすすめの方法

あまり几帳面でない人でも毎月貯蓄ができる方法についておすすめの方法があります。目新しい方法ではないかもしれないですが、習慣化しやすく、習慣にできればおのずと節約、貯蓄ができるようになっていきます。毎月一定額が入ってくるお勤めの人を前提とします。おすすめの方法とは、月の初めにその月に使う現金を引き出します。それをお財布にいれてその一月で追加で引き出すことのないようにします。これだけです。なんだと思われた方も多いかもしれませんがこれを着実に実行すれば貯畜できるし、お金を管理する能力もあがります。毎月一定額引き出す金額は株式会社でいったら月別の予算のようなものです。一般的に株式会社では個人よりもお金を厳しく管理しなければなりません。従業員のお給料を払い、会社を存続させ、株主に対して還元していく必要があるためです。そこで予算を立て、それを元にお金の管理を行っていきます。

予算管理は重要なのです。話は戻りますがその月に必要な現金を月のはじめに引き出すためには、その月の支出額を把握している必要があります。最初は結果としてオーバーしてしまったりすると思いますがこれを繰り返すとだんだん使う金額を正確に把握できるようになります。こうなってくるとどんどんお金の管理がうまくなっていき、貯蓄もふえていきます。この方法のメリットは減っていくお金が目にみえるので、収支計算を行うほどの手間をかけずともお金が管理できる点です。最近はクレジットカードの支払いの割合が多い人もいると思うので、そういった方には使えませんが、現金派の人は試してみてはいかがでしょうか。

ポイントと節約と私ー愛する私のため

節約は苦行、仕方なくしている、マイハウスの目的のためにしているなど、色々意見がありますが、愛する自分のために片意地はらずに楽しみながらして見ませんか?そうするために役立つものはポイントと関連づける、紐づけることです。まず、絶対に払う義務のある税金、公共料金です。クレジットカード払いできるもの、口座自動引き落としで割引きになるもの、現金のみのものなどがありますが、これを見極めましょう。いくらポイントのためと思っても、結果高くなれば本末転倒です。何故なら、ポイントの%は多くて3?5%だからです。

この概念をいつも頭に入れておきましょう。次に税金、公共料金で現金のみのものを支払う時ですが、ズバリnanacoカードを使用しましょう。nanacoポイントで税金や公共料金をセブンイレブンで支払う事が出来るんです。これらの支払いに対してポイントは付きません。しかし、nanacoカードにクレジットカードからチャージする時にクレジットカードのポイントが付きます。私は1.2%のポイントがつくリクルートカードでチャージをし、リクルートカードのポイントをポンタポイントに交換してシェルガソリンスタンドでガソリンを入れるのに使用しています。このように現金払いで尚且つコンビニ払いができるものはnanacoポイントを使用しましょう。更にQuoカードです。お近くにマツキヨありますか?

マツキヨは日用品を安く売っており、時間帯によっては見切り品売りをします。マツキヨでQuoカードを使用しますが、このQuoカード1万円をnanacoポイントで購入するんです。Quoカードに180円のプレミアムが付き、マツキヨポイントも付きで、ポイントの3重取りです。このようにポイントと関連づけると節約も楽しくなり、更に買い物をするときに、ポイントを無駄にしないよう暗算すると達成感が違います。是非楽しんでください

どうしたら貯蓄ができるのでしょうか 無理なく節約するには

毎月どのくらい貯蓄ができているでしょうか。毎日の生活のほか、急な体調不良による医療費、冠婚葬祭、交際費など予想外の出費があることもあります。老後のために今から貯蓄をしなくてはならないと思いつつ、なかなか実行できないのが現状です。しかし、今よりも貯蓄をし、少しでも額を増やしたいと思う方が多くいるようです。月々の生活費から1割ほどの額を貯蓄したいと思いますが、給料日前になるとギリギリになってしまい、貯蓄ができなくなってしまう時も出てしまいます。

給料日後、決めた額を先ににとって、残った分でやりくりしなければいけないため、必ず貯蓄することができそうです。スーパーやコンビニで買い物をする際に余計なものまで買わないようにする、買い物をしない日を決める事も大事ではないでしょうか。また、流行に敏感過ぎるあまり、洋服や雑貨などをすぐに手に入れればお金もかかります。持っているアイテムで着回しができるか、使いこなすことができるか見極めてから購入する必要もあります。セールなどでの衝動買いは後で後悔するケースが多いので、気を付けなくてはいけません。家計簿を付けるのが苦手な方はスマホアプリを活用して管理、お金の流れを確認することもできます。

節約の第一歩は、ビニール傘を買わないこと

急な雨が降った時に、ビニール傘を買う人は多いと思います。

でも、ビニール傘を買った時点ですでに浪費なのです。

節約のためには、常に折りたたみ傘を携帯するのが大切です。

ビニール傘って、安くても300円以上はしますよね。

折りたたみ傘を持ち歩かない人は、1回300円の出費を気にもしない人です。

で、にわか雨に降られたらその都度ビニール傘を買って凌ぐの繰り返し。

1つ300円でも、10回20回と積み重なっていくと、かなりの金額になります。

何年もビニール傘を買う習慣を続けていたら、生涯でものすごい金額を浪費していることになるのです。

特に家にすぐビニール傘が溜まってしまうという人は、とにかく折りたたみ傘を持つ習慣を一刻も早く身につけたほうがいいです。

今の折りたたみ傘は、コンパクトで軽いから、そんなにがさばらず持ち歩いても苦になりません。

また、ちょっと奮発すれば、長傘顔負けの丈夫な折りたたみ傘も売ってます。

台風にも耐えられるようなタイプもあるので、丈夫なものをお求めならネットで探してみましょう。

たかが折りたたみ傘ですが、こういう割と簡単にはじめられる習慣からしっかりできるようになると、他のあらゆる面でも節約するクセが身についてきます。

食費を侮るなかれ!

我が家は夫婦2人の家庭で共働きです。

食事を作るのは遅く帰って来る私なので、どうしても毎日出来合いやお弁当を買ってきてしまいます。

旦那は何も言わず食べてくれますが、毎日続く為、月の食費を計算するととんでもない金額になる事が分かりました。

恥ずかしながら貯金も殆ど無く、さすがにヤバイと思い始めて食費の節約に取り掛かる事にしました。

まず、1週間のうち5日分の夕食メニューと予算を決めて一気に買い出しに出かけました。

一気に買うとそれだけお金が多く出てしまい損したような気になってしまいましたが、そこは我慢。

普段はネットのレシピを見ているんですが、載っていた材料が家に無かった時は新たに買わずにあるもので代用しました。

とりあえず、1ヶ月続けようと何とか頑張ってみました。

結果、月2万円程の節約が出来たんです!

逆に今まで2万円も無駄に使っていたのかと思うとゾッとしてしまいました。

それに仕事帰りにスーパーに寄っていた時間も無くなり、帰宅するのが早く感じました。

まとめて買っていたおかげで1日全くお金を使わない日も出来て、それだけで得した気分です。

正直、疲れた身体での夕食作りは辛い時もありますが、無理をしない程度にする事とたまにはお惣菜を利用してメリハリをつける事で苦にならずに済みます。

毎日の細かな出費が大きくなるとは思いもよりませんでした。

これからも続けていきたいと思っています。

時短テクニックで節約や貯蓄効果を高める

「時は金なり」という言葉があるように、やはり時間を有効活用することは節約や貯蓄にも繋がっていくと思います。

時間があれば解決できることはかなり多くあります。

その為、最近の私は特に時間の節約について考え、それを実行するようにしています。

私は仕事と家事の両立を上手くやっていくようにしています。

この2つのバランスが崩れてしまうと、もう片方も上手くいかなくなってしまいます。

また、この2つだけを優先してしまうと、他のことができなくなってしまい、これもバランスを崩してしまいます。

そこで、時短ができるところを見つけて、それをどんどん取り入れるようにしています。

毎日の夕食作りが負担になっていたのですが、休日にまとめておかずを作るようになってからは、この時間を減らすことができました。

以前は毎日夕食の支度から片付けまで1時間以上かけていました。

しかし、今ではすでにあるおかずを食器に移すだけなので、30分もあればできるようになりました。

夕食作りの時短ができたことで、毎日の家事の負担が減り、その分夜は自由な時間が増えました。

その分、仕事のための情報収集をしたり、睡眠時間を長くすることができました。

時短テクニックを取り入れることで、様々な節約効果や貯蓄効果が生まれたと思います。