節約や貯蓄についての考え方とおすすめの方法

あまり几帳面でない人でも毎月貯蓄ができる方法についておすすめの方法があります。目新しい方法ではないかもしれないですが、習慣化しやすく、習慣にできればおのずと節約、貯蓄ができるようになっていきます。毎月一定額が入ってくるお勤めの人を前提とします。おすすめの方法とは、月の初めにその月に使う現金を引き出します。それをお財布にいれてその一月で追加で引き出すことのないようにします。これだけです。なんだと思われた方も多いかもしれませんがこれを着実に実行すれば貯畜できるし、お金を管理する能力もあがります。毎月一定額引き出す金額は株式会社でいったら月別の予算のようなものです。一般的に株式会社では個人よりもお金を厳しく管理しなければなりません。従業員のお給料を払い、会社を存続させ、株主に対して還元していく必要があるためです。そこで予算を立て、それを元にお金の管理を行っていきます。

予算管理は重要なのです。話は戻りますがその月に必要な現金を月のはじめに引き出すためには、その月の支出額を把握している必要があります。最初は結果としてオーバーしてしまったりすると思いますがこれを繰り返すとだんだん使う金額を正確に把握できるようになります。こうなってくるとどんどんお金の管理がうまくなっていき、貯蓄もふえていきます。この方法のメリットは減っていくお金が目にみえるので、収支計算を行うほどの手間をかけずともお金が管理できる点です。最近はクレジットカードの支払いの割合が多い人もいると思うので、そういった方には使えませんが、現金派の人は試してみてはいかがでしょうか。

ないつもり貯蓄

お金はなければ使えません。なので、ないつもりでいれば貯まります。

あれば使うけど、なければ使えない。

そうなってくると本当に必要最低限しか使わない。生命を維持するためのお金しか使わなくなってきます。

そしてその先に大きな夢を持つ。

私の場合は家を建てる、またはリフォームをするということ。

家を建てることに比べれば、こんなものは欲しくないなぁ、ちっぽけだな。とか思ってみたり。

ここを我慢することで、また夢に一歩近づいたなと思うと楽しい。

私は子供がいますが、お金を使わず充分遊べます。というか、遊園地の価値があまりわからない園児と乳児なので公園に行くだけで喜んでくれます。

飲み物は水筒にして、おやつだけ準備すれば満足!

テレビで放映していたアニメ映画を録画して観たり、図書館に行ったり地域のイベントに出たり、祖父母宅に行ったり無料で楽しめる場所はたくさんあります。

子連れで外食も大変ですから、かといって全く行かないのも寂しいので月に一回と決め、それを楽しみにしておく!そうすると我慢できるしクーポンも用意できる(笑)

なんでも目標とメリハリをつけるのが大事です。

私は水もいつもいつなくなるかわからない少ししかない資源だと思って使ってます。そうすると使いすぎないのです。

時短テクニックで節約や貯蓄効果を高める

「時は金なり」という言葉があるように、やはり時間を有効活用することは節約や貯蓄にも繋がっていくと思います。

時間があれば解決できることはかなり多くあります。

その為、最近の私は特に時間の節約について考え、それを実行するようにしています。

私は仕事と家事の両立を上手くやっていくようにしています。

この2つのバランスが崩れてしまうと、もう片方も上手くいかなくなってしまいます。

また、この2つだけを優先してしまうと、他のことができなくなってしまい、これもバランスを崩してしまいます。

そこで、時短ができるところを見つけて、それをどんどん取り入れるようにしています。

毎日の夕食作りが負担になっていたのですが、休日にまとめておかずを作るようになってからは、この時間を減らすことができました。

以前は毎日夕食の支度から片付けまで1時間以上かけていました。

しかし、今ではすでにあるおかずを食器に移すだけなので、30分もあればできるようになりました。

夕食作りの時短ができたことで、毎日の家事の負担が減り、その分夜は自由な時間が増えました。

その分、仕事のための情報収集をしたり、睡眠時間を長くすることができました。

時短テクニックを取り入れることで、様々な節約効果や貯蓄効果が生まれたと思います。

節約や貯蓄のために私が実践していること

普段の生活で節約のために実践していることは、とにかく無駄を省くということです。食べ物でいうと食べ残しをして食品を捨てない、食品の食べられる部分は余す事なく調理するということです。食べ残しをして捨ててしまうのはお金を捨ててしまうのと同じ事です。野菜も皮も芯も工夫しておいしく食べられるようなものであれば、調理して食べます。ゴミを減らすこともできますし、食費の節約にもなって一石二鳥です。

衣服も安いからといってワンシーズン着たら捨てるような耐久性のないものを買うよりも、少し値段が高くても吟味して気に入ったデザインのものを買って長く着るようにしています。流行遅れになってすぐに着なくなるようなものを選ばないように買うのは難しいのですが、スタンダードなデザインの着まわしのきく服を持ってこまめに手入れすると長く着られて被服費がおさえられます。あとはガスや水道や電気などの無駄遣いをしないようにするとか待機電力を減らすとか、使っていない時に出しっぱなし、付けっぱなしという風にならないようにします。

無駄遣いはお金を捨てているのとやはり同じ事なので、していていい事は一つもありません。家族にも(特に子供に)周知して協力してもらうようにしています。それはものを大事にする心にもつながると思います。