食費を侮るなかれ!

我が家は夫婦2人の家庭で共働きです。

食事を作るのは遅く帰って来る私なので、どうしても毎日出来合いやお弁当を買ってきてしまいます。

旦那は何も言わず食べてくれますが、毎日続く為、月の食費を計算するととんでもない金額になる事が分かりました。

恥ずかしながら貯金も殆ど無く、さすがにヤバイと思い始めて食費の節約に取り掛かる事にしました。

まず、1週間のうち5日分の夕食メニューと予算を決めて一気に買い出しに出かけました。

一気に買うとそれだけお金が多く出てしまい損したような気になってしまいましたが、そこは我慢。

普段はネットのレシピを見ているんですが、載っていた材料が家に無かった時は新たに買わずにあるもので代用しました。

とりあえず、1ヶ月続けようと何とか頑張ってみました。

結果、月2万円程の節約が出来たんです!

逆に今まで2万円も無駄に使っていたのかと思うとゾッとしてしまいました。

それに仕事帰りにスーパーに寄っていた時間も無くなり、帰宅するのが早く感じました。

まとめて買っていたおかげで1日全くお金を使わない日も出来て、それだけで得した気分です。

正直、疲れた身体での夕食作りは辛い時もありますが、無理をしない程度にする事とたまにはお惣菜を利用してメリハリをつける事で苦にならずに済みます。

毎日の細かな出費が大きくなるとは思いもよりませんでした。

これからも続けていきたいと思っています。

最近特に節約し始めた『食費』のお話

我が家では子ども三人を育てながら日々節約に力を入れ、少しずつですが貯蓄を頑張っています。

最近特に力を入れている節約は、生活費の多くを占めている『食費』です。

そこまで頻繁に外食などをしているわけでは無いのですが、やはり子どもが三人いますとそれなりの高額になってしまいます。

具体的に始めたことは、食材を買う際の曜日、そして場所です。

我が家では今まで子どもを保育園へ迎えに行った帰りにある比較的安価なスーパーで必要なものだけを選び、お肉や魚、お野菜など買っていました。

ただ、どうしても必要なのに定価、なんてこともありますが、わざわざ他のスーパーに行っている時間の余裕も無いですので定価でも買っていました。

ですが、最近気付いたのですが、大手スーパーの火曜市という特売の日の品物の価格の安さは、ちょこちょこスーパーで買うよりもお得にまとめ買いするのに打ってつけでした。

先日も行ったばかりですが、バラ売りのお野菜がとても安かったので人参や玉ねぎ、ジャガイモなど、多ジャンルの料理に使えるお野菜を驚きの安さでゲット出来ました。

正直、お会計した後に「こんなに買ったのに、やはり安い」と、心の中でそのお得感に喜びました。(笑)

ただ、(細かいお話ですが)豚肉のコマに関してはやや他の業務用スーパーなどの方が安かったので止めました。

そこで「せっかく来たから買っちゃおう」なんて思わず、しっかり買わないことを考えるのも凄く大事です。

まぁお野菜の他にも、冷蔵庫に切らすことのできない牛乳や卵なども安く買えたので、良いお買い物が出来ました。

そんな感じで、最近はその火曜市に集中して食材などを買うことでかなり節約に繋がっています。

色々細かい我が家のお話をしてしまいましたが、この辺んで終わりにしたいと思います。

以上、最近節約の中でも特に力を入れている、我が家の『食費事情』でした。

誰でも簡単!食費を浮かせて楽々貯蓄術!

皆さんは節約や貯蓄で一番大切なものって何だと思いますか?

誘惑を断つ!我慢する!などと忍耐も大事ですよね!

でも今回紹介するのは我慢をせずに食生活を改善することで少しでも食費を浮かして楽々貯蓄をしようというものです。

では今回のおススメ食材を紹介します!

皆さんは豆苗って知っていますか?

普段皆さんが言っているスーパーで大体100円前後で売られているものなのですが目に入りますか?実はこれとっても栄養価が高いんですよ!

免疫力アップや老化防止に含まれるβーカロテンをはじめとする様々な栄養差がたくさん入ってます。

気になる方は調べてみてくださいね!

この豆苗ほかの野菜をほとんど上回る栄養価でお値段も安いんです!!調理方法はさっとゆでるか炒めるだけ!それだけで安くて健康にもいいんです!

緑色でお弁当の色どりにもよく、

豆苗のすごさはそれだけじゃないんです。

なんとこの豆苗水を入れておけば2、3回ほど再生して収穫できるんです!!

そう考えると100円で買ったとしても3回食べられるから1回あたり33円・・4回食べればもっと安くなっちゃいます!

私の住んでる市ではもやしが30円ほどですから・・もやしよりも安くなっちゃいます

我慢をして貯蓄するのもいいですがおいしく、健康的で楽々食費を浮かせて簡単貯蓄!ぜひやってみてはいかがでしょうか!