適当な私が適当に管理して貯めた貯金方法

貯蓄というと細かくお金の管理をしなければ貯まらないという印象の人も多いでしょう。

私は大雑把で面倒くさがりの適当な人間(主婦)ですが、自分の中で決めた決まり事だけで毎年確実に貯金額が増えています。

では、その自分で決めた決まり事をご紹介したいと思います。

食材は毎日買いに行かない

これは、適当な私が毎日スーパーに行くと、ついつい余分なお買い物をしてしまうからです。きっと几帳面な人は、まずメニューを考え、不足分をメモに書き、書かれたものだけを買って帰ることでしょう。ところが私はメニューは考えず、基本的に冷蔵庫などにある卵や調味料、鶏肉、牛肉などの簡単なメモはするものの、それ以外にもその時欲しいと思ったものも追加してどんどん購入してしまうのです。自分で分かっているからまとめ買いをするのです。食費の増減は大きく貯蓄額に影響を及ぼします。

洋服や靴を買う時はまず手持ちを捨てる

よくお片付けの達人なんかが言われる事ですが、洋服や靴やアクセサリーはどんどん増えていきます。達人は欲しい物を購入する前にまず家にある同じもの(靴が欲しいなら靴)を捨ててから新しい靴を購入せよと言います。お片付術けではないですが、私はこの辺もきちんと管理をするわけではなく、昔はどんどん欲しいものを購入していました。ですが、この方法だと古い靴がお気に入りばかりの場合、捨てるのがもったいなくて新しい靴を買うのを諦めるか、一旦じっくり考えます。節約・貯蓄にも大きく関わる事なので、ぜひ実施をお勧めします。